コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保存科学 ほぞんかがく

2件 の用語解説(保存科学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

保存科学【ほぞんかがく】

文化財の修復,保存処理を主な目的とする学科。腐食・劣化の進行を防止する技術の開発とともに製作技術や材質についての分析,資料に適した展示・保存環境の研究も行う。日本では埋蔵文化財の出土件数の急増や各地の博物館建設に伴い重視されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほぞんかがく【保存科学】

文化財を保存するために必要な科学,特に自然科学,およびその応用技術。ただし,この言葉の定義はまだ明確に定まっていない。それは,文化財の範囲が必ずしも明らかでないうえ,保存という言葉の意味も広狭いかようにも解されるからである。ここでは以下に述べるように,最も広く解しておくこととする。すなわち,文化財とは,過去における人間の文化活動の所産として今日に残されているものすべてであり,自然遺産であっても人間によって文化的価値が付与されたものも含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保存科学の関連キーワード軍備無形文化財重要無形文化財史庫必要資金文化財登録制度日光社寺文化財保存会Degree RequirementsDissertation

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保存科学の関連情報