コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権侵害 さいけんしんがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債権侵害
さいけんしんがい

違法な行為によって債権の実現が妨げられること。広義では債務不履行も含まれるが,通常は債務者以外の第三者が債権の目的物を侵害したり,債務者の債務履行を妨害したりして債権者の権利を害することをさす。かつては,債権は直接には債務者との関係でのみ成立する権利 (相対権) にすぎないという理由で,第三者による債権侵害に対して,なんらの救済も認めえないとされた時期があった。しかし現在では債権も権利である以上,不法な侵害からは保護されるべきであり,債権侵害は不法行為を構成するものと解されている。ただし,二重契約の例のような債権侵害が不法行為となるのは,侵害者の行為が自由競争の範囲を逸脱したものと評価されなくては違法性が生じない。なお,債権侵害者に対して侵害の差止めを請求できるかどうかについては見解が分れるが,通説は占有あるいは対抗力のある (不動産) 債権者については,債権者に差止め請求権を肯定する。しかし,違法性のある債権侵害が継続するなど,差止めの必要がある場合には,広く差止め請求を肯定しようという見解もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいけんしんがい【債権侵害】

債権の内容の実現を妨げること,または妨げる行為をいう。たとえば,労務を給付する債務を負う者を,第三者が誘拐・監禁して債務の履行を不可能にさせ,その者の雇主の債権を侵害した場合がこれにあたる。債権侵害は,債務者によっても行われるが,この場合は,債務不履行の問題として扱われるので,債権侵害というときは,この例のように,第三者による侵害をさすのが通常である。また,債務者の責任財産を減少させる行為も,債権の内容の実現を妨げることになるので,債権侵害に含まれるが,これは債権者取消権の問題でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

債権侵害
さいけんしんがい

債権を第三者が侵害した場合に、被害者である債権者が加害者である第三者に対して、差止めや損害賠償を請求しうるかどうかという問題をいう。たとえば、Aの所有する土地をBがAより賃借したところ、この土地をCが不法占有するとき、Bは賃借権がCによって侵害されたことを理由に、妨害排除や損害賠償を請求しうるかどうかが問題となる。物に対する直接排他的な支配権である物権が侵害された場合と異なり、債権は、人が他人に対して給付を求めることを内容とする権利という相対的権利であるから、その侵害の救済には限界や制約がある。第一に、債権に基づく妨害排除の請求は原則として否定される。前記の例でBの賃借権が登記を伴うような場合は例外とされる。第二に、債権侵害による不法行為に基づく損害賠償の請求には、加害者が債権の存在を認識していたという意味での故意があったことを要すると解されている。[川井 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

債権侵害の関連キーワード不完全履行

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android