コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先帝祭 せんていさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先帝祭
せんていさい

山口県下関市阿弥陀寺町の赤間神宮(→赤間宮)で 5月2~4日に行なわれる祭り。赤間神宮は,源平の壇ノ浦の合戦の際に入水した安徳天皇御陵に建てられた阿弥陀寺が,明治1(1868)年の神仏分離によって廃されて創祀された神社で,先帝祭は安徳天皇の霊を慰めるために行なわれる。初日は御陵前祭と筑前琵琶の奉納のある平家一門追悼祭があり,翌 3日は午前中に本殿祭,続いて高松宮妃の歌に曲を付けた神前神楽『龍宮』や平家太鼓などの特別奉納行事,午後に 5組の平家の女官上臈に扮した女性たちが,天橋という仮設の陸橋を外八文字を踏んで渡って参拝する行事がある。最終日の 4日は神幸祭で,ウシのひく御鳳輦(ごほうれん)を中心とする行列が,安徳天皇のなきがらが上がったと伝わる伊崎の御旅所まで,往復約 14kmの道を進む。3日には,観光行事としての源平武者行列も行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

先帝祭

旧暦の1185年3月24日、壇ノ浦の戦いで平氏が源氏に敗れて入水した安徳帝を慰霊するため、生き延びた平家の女官らが命日に御陵を参拝したことが起源。官女(かんじょ)に警固(けいご)と稚児(ちご)が、上臈(じょうろう)に禿(かむろ)が従う。かつては4月23~25日に行われていたが、1985年から5月2~4日となった。3日は上臈たちが市内を練り歩き、赤間神宮に架けられた「天橋(てんきょう)」と呼ばれる陸橋を渡って参拝する。

(2017-04-25 朝日新聞 朝刊 下関・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんてい‐さい【先帝祭】

毎年、先帝崩御の日に宮中の皇霊殿で行われる慰霊の祭事。
山口県下関市の赤間(あかま)神宮で5月2日から3日間行われる祭礼。もと先帝会(え)といい、後鳥羽天皇安徳天皇の葬られた阿弥陀寺でその命日(陰暦3月24日)に営んだ法要に始まるという。 春》「春の潮―も近づきぬ/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

先帝祭【せんていさい】

5月2日から3日間にわたる下関市赤間(あかま)神宮の祭。祭神は平家一門とともに壇ノ浦に入水した安徳天皇で,後白河法皇が先帝安徳天皇のために営んだ法要に始まるという。
→関連項目下関[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんていさい【先帝祭】

皇室の祭祀さいしの一。先帝の崩御の日に皇霊殿で行われる。
山口県下関市の赤間神宮で、5月2日から3日間行われる祭り。源平の戦いで壇浦に入水した安徳天皇を弔う。もとその忌日である陰暦3月24日に先帝会と称して阿弥陀寺で行われていた。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先帝祭
せんていさい

山口県下関(しものせき)市の赤間(あかま)神宮の祭礼。祭日は4月23~25日。平家滅亡のとき壇ノ浦で入水(じゅすい)した安徳(あんとく)天皇は阿弥陀(あみだ)寺に葬られたが、後鳥羽(ごとば)天皇が先帝のため御命日の旧暦3月24日に法要を営み、先帝会(え)と称したことに始まるという。明治以後、阿弥陀寺は赤間神宮となり、祭日も現在のようになった。女官が菩提(ぼだい)を弔うため遊女に姿を変えて参拝したという伝えにより、女官装束で行列して参拝する上(じょうろう)道中は名高い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の先帝祭の言及

【皇室祭祀】より

…祭祀令は,皇室の祭祀を大祭と小祭に分け,大祭は天皇みずから祭典を行い,小祭は掌典長が祭典を執行し,天皇が拝礼するものと定めている。
[大祭]
 1月3日の元始(げんし)祭,2月11日の紀元節祭,春分の日の春季皇霊祭・同神殿祭,4月3日の神武天皇祭,秋分の日の秋季皇霊祭・同神殿祭,10月17日の神嘗(かんなめ)祭,11月23~24日の新嘗(にいなめ)祭,および先帝祭(毎年の命日),先帝以前3代の式年祭(没後満3,5,10,20,30,40,50,100年,以後100年ごとの命日),先后の式年祭,母后の式年祭が大祭である。このうち神嘗祭と新嘗祭以外は,みな明治以後に創制されたものである。…

※「先帝祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

先帝祭の関連キーワード山口県下関市阿弥陀寺町山口県下関市下関(市)皇室祭祀宮中三殿赤間関楽部大祭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先帝祭の関連情報