コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代荘 やつしろのしょう

百科事典マイペディアの解説

八代荘【やつしろのしょう】

甲斐国八代郡にあった荘園。《和名類聚抄》所載の八代郡八代郷の地に成立したとみられる。荘域は不明だが,およそ現山梨県東八代郡八代町(現・笛吹市)北の熊野神社を中心とする地域であろう。久安年間(1145年−1151年)に甲斐守藤原顕遠により立券され,紀伊熊野三山本宮に八講用途として寄進された。その2,3年後には鳥羽院庁下文を得て正式に成立した。開発には甲斐源氏の一族八代氏が関わっていたとする説もあり,逸見清光の子信清は八代余一を称していた。1162年に甲斐守となった藤原忠重は新立荘園の停廃を命じ,目代中原清弘を甲斐国に派遣。清弘は在庁官人三枝守政らとともに当荘に乱入,年貢を奪い取り,【ぼう】示(ぼうじ)を抜き取り,神人を搦め取るなどの乱暴を働いた。熊野社からの訴えにより,朝廷は忠重に損物の返還などを命じたが,忠重・清弘・守政はいずれも罪状を否定。この訴訟は,忠重らの罪名の勘申を命じられた明法博士中原業倫が,本地垂迹説により熊野権現は伊勢大神宮の祭神と同体であるとし,これを根拠に刑を判定したことから,熊野権現は伊勢大神宮の祭神と同体であるかどうかを論じる《長寛勘文》の勘申に発展した。結果は非同体説が有力となったらしく,忠重は伊予国に配流となっている。この荘園停廃事件を契機に古代以来の氏族三枝氏は没落,甲斐源氏八代氏が勢力を伸ばした。八代荘は八代信清ののち小笠原氏に継承されたらしく,1383年には小笠原長基から尼浄契を経て子息長秀に譲られており,甲斐守護小笠原氏相伝の所領となっていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やつしろのしょう【八代荘】

甲斐国八代郡(現,山梨県東八代郡,西八代郡)の荘園。久安年中(1145‐51)甲斐守藤原顕時が熊野本宮の八講用途として熊野神社に寄進し,鳥羽院庁下文(くだしぶみ)を得て成立する。八代郡のかなりの部分を占めるものと思われるが,荘域は不明。1163年(長寛1)までに安多,長江(現在地不明)がその加納となっている。現地の領主も明らかでないが,甲斐源氏逸見清光の子信清が八代余一を称している点からみて,この八代氏であった可能性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の八代荘の言及

【甲斐国】より

…御坂町黒駒付近か)の3駅があった。10世紀以後,甲斐でも各地に貴族や寺社の荘園が立てられ,国衙領を侵食していくが,12世紀の中ごろ,八代(やつしろ)荘をめぐって紀伊熊野神社と国衙との間に激しい衝突があり,裁判の結果国衙側が大敗するという事件も起きた(長寛勘文)。これら荘園や黒駒の伝統をもつ牧場地帯を根拠として甲斐源氏が勃興する。…

※「八代荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

八代荘の関連キーワード徳王丸西仏名和顕興名和長年名和氏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android