コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八女[市] やめ

百科事典マイペディアの解説

八女[市]【やめ】

福岡県南部の市。1954年市制。筑紫平野東部,矢部川中流の扇状地から耳納(みのう)山地南面を占め,中心市街の福島は1587年以来城下町として発達してきた。九州自動車道が通じる。古くから製材,木工,竹細工,和紙,久留米絣(がすり)などの小工業が盛ん。農村部は水田が多く,八女茶の名で知られる茶の生産のほか,果樹・花卉(かき)・野菜の栽培,酪農,食品加工も行われる。石灯籠,節供用品などを特産。北部の長峰丘陵に岩戸山古墳,乗馬古墳(ともに史跡)などがあり,出土品岩戸山歴史資料館に展示する。2006年10月,八女郡上陽町を,2010年2月八女郡黒木町,立花町,矢部村,星野村を編入。482.44km2。6万9057人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やめ【八女[市]】

福岡県南部の市。1954年市制。人口3万9818(1995)。筑紫平野東部に位置し,矢部川中流の扇状地を占める。中心市街の福島は1587年(天正15)豊臣秀吉より上妻郡を与えられた筑紫広門が城を構えた地であった。1620年(元和6)の廃城後も市場町として栄えた。現在も八女地方の政治・経済・交通の中心地で,国道3号線,九州自動車道が通じる。 水田と畑を合わせた耕地市域の6割を占める田園都市で,八女茶の名で全国に知られる茶をはじめ,電照菊,果樹の栽培や畜産など多角的な集約農業と,仏壇,提灯,和紙,石灯籠などの江戸時代からの伝統工業が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の八女[市]の言及

【筑後国】より

…《和名抄》には田1万2800余町とある。 景行天皇巡狩伝承には御木(みけ)国(大牟田市,三池郡),八女(やめ)国(八女市,郡),的邑(いくはのむら)(浮羽郡)などの名が見え,山門地方を邪馬台国の地に比定する説は有名である。5~6世紀ごろは八女地方を本拠とする筑紫君が国造として支配したが,527年の磐井(いわい)の乱後はしだいに没落した。…

※「八女[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

八女[市]の関連キーワード立花町岩戸山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android