兵士役(読み)へいしやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵士役
へいしやく

(1) 律令制下の農民の兵役。公民正丁 (せいてい) の3分の1が兵士として徴発され,軍団を構成。一部は1年間勤番の衛士 (えじ) ,3年間勤番の防人 (さきもり) となり,京,北九州を警備。この間軍務 (訓練など) に服しながら,開墾にあたり,みずからの食糧を自給するなど,きわめて過酷であったため,逃亡する者が多かった。平安時代初期には廃止されて健児 (こんでい) の制がしかれた。 (2) 中世,荘園領主が警備や交通上の労務に一時的に徴発した荘民への課役

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

へいしやく【兵士役】

律令制で、農民に課された労役の一。一戸内の正丁三人につき一人を兵士として徴発するもの。食糧・兵器は自弁が原則で、雑徭ぞうよう・雇役・仕丁などの労役とともに、農民にとって重い負担となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいし‐やく【兵士役】

〘名〙
① 令制で、力役奉仕の一つ。国内の正丁の三分の一を徴集して軍団を編制し軍事訓練を受けさせること。
② 中世、荘園で荷物の運送などの労役に徴発されること。
※隅田家文書‐建久八年(1197)正月日・八幡宮公文所下文「当宮御領者、諸国在之。而云兵士役大番事、云造東大寺夫役、敢無其催之処、今有此沙汰云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵士役の関連情報