臨場

精選版 日本国語大辞典「臨場」の解説

りん‐じょう ‥ヂャウ【臨場】

〘名〙 その場にのぞむこと。臨席
※郵便報知新聞‐明治一五年(1882)二月二日「臨場の人々へはカステーラの菓子を饗せられ」 〔後漢書‐劉表伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臨場」の解説

りん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【臨場】

[名](スル)その場所にのぞむこと。また特に、会場や式場などに行くこと。「式典に臨場する」
[類語]出席列席臨席顔出し参列参会出場出頭親臨出御列座同席陪席相席同座お出まし加入加盟仲間入り参加参入参画参与入会飛び入り飛び込み出る加わる名を連ねる列する連なる末席を汚す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「臨場」の解説

【臨場】りんじよう

臨席。

字通「臨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android