宿賃(読み)シュクチン

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐ちん【宿賃】

家の借り賃。家賃(やちん)。また、旅館の宿泊料。やどちん。
「親代よりその―にて世を暮せし人」〈浮・織留・二〉

やど‐ちん【宿賃】

宿屋の宿泊料。宿銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やどちん【宿賃】

宿屋に泊まったときに払う代金。宿泊料。
家の借り賃。家賃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく‐ちん【宿賃】

〘名〙 家の借り賃。家賃(やちん)。また、宿泊料。やどちん。
※北野天満宮目代日記‐目代盛増日記・明応八年(1499)三月五日「此家我ら方へうりけんの状仕候て出候間、我らが家にて候。此間もしゅくちんにてかし候由申候」

やど‐ちん【宿賃】

〘名〙
① 家の借り賃。家賃。宿代。しゅくちん。
※杜詩続翠抄(1439頃)一六「家(ヤト)ちんをだいて居た也」
※政談(1727頃)二「御城下の宿賃甚高直なる故」
宿屋の宿泊料。宿銭。宿代。
※俳諧・まつのなみ(1702)「薄がなくば野は見られまい〈支考〉 鹿の来ぬ夜は宿賃が百の損〈惟然〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宿賃の言及

【店借】より

…また負担の点からみれば,家持が担う屋敷地年貢(地子)や公権力や領主への役負担は免除され,また,共同体内の諸負担についても免除されたり,家持より軽減されたりしている。しかし,借家・店借が家持や地主に支払うところの店賃(家賃,宿賃)は,とくに零細な借家・店借などにとっては過重な負担となった。一方,家持・地主などは,こうした店賃収入を当該家屋敷の地子や役負担,共同体諸経費に充当するのを常とした。…

※「宿賃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android