コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川[村] きたがわ

世界大百科事典 第2版の解説

きたがわ【北川[村]】

高知県東部,安芸郡の村。人口1650(1995)。南は室戸市,北東は徳島県に接する。中央部を奈半利川が南流し,沿岸にわずかに耕地が開け,集落が点在する。ほぼ全域を山林が占め,杉,ヒノキの生産のほか,特産のユズのハウス栽培も行われる。1960年代より奈半利川水系の電源開発が行われ,長山,二又,魚梁瀬(やなせ)に発電所が建設された。幕末の志士中岡慎太郎の生家がある。【萩原 毅】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

北川[村]の関連キーワードホイヘンスお蔭参りウェールズ文学柳生十兵衛三厳高温ガス炉産業革命ドイツ語マーベルF2モントリオール条約

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android