北川[村](読み)きたがわ

世界大百科事典 第2版「北川[村]」の解説

きたがわ【北川[村]】

高知県東部,安芸郡の村。人口1650(1995)。南は室戸市,北東は徳島県に接する。中央部を奈半利川が南流し,沿岸にわずかに耕地が開け,集落が点在する。ほぼ全域を山林が占め,杉,ヒノキの生産のほか,特産のユズのハウス栽培も行われる。1960年代より奈半利川水系の電源開発が行われ,長山,二又,魚梁瀬(やなせ)に発電所が建設された。幕末の志士中岡慎太郎の生家がある。【萩原

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android