コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巣機能不全(卵巣機能低下症) らんそうきのうふぜんらんそうきのうていかしょう Ovarian Insufficiency

1件 の用語解説(卵巣機能不全(卵巣機能低下症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

らんそうきのうふぜんらんそうきのうていかしょう【卵巣機能不全(卵巣機能低下症) Ovarian Insufficiency】

[どんな病気か]
 卵巣機能(卵巣のはたらき)とは、卵子(らんし)を育て排卵させることと、エストロゲンプロゲステロンという女性ホルモンを分泌(ぶんぴつ)し、女性のからだを維持していくことです。このはたらきが十分でなくなった状態を、卵巣機能不全または卵巣機能低下症といいます。
[症状]
 時期により症状が異なります。思春期以前におこった場合は、性器の発育不良や、第二次性徴(せいちょう)が現われるのが遅かったり、欠如していたりします。
 性成熟期では、性器の退行萎縮(たいこういしゅく)、月経周期の異常、無月経(「無月経」)、機能性子宮出血(きのうせいしきゅうしゅっけつ)(「機能性出血」)などがみられ、不妊症(ふにんしょう)(「不妊症」)の原因にもなります。
 性成熟期から老年期への移行期、いわゆる更年期によくみられる症状(肩こり、頭痛、ほてりなど)も、卵巣機能の低下と関係のある症状です。
[検査と診断]
 自宅で簡単にできる方法として、基礎体温の測定があります。これにより、排卵の有無や、卵胞期短縮症(らんぽうきたんしゅくしょう)(低温相が短い場合)、黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)(いわゆる高温相が短い場合)などがわかります。
 詳しい検査としては、尿中および血中の女性ホルモン値の測定、子宮内膜(しきゅうないまく)組織検査、頸管粘液(けいかんねんえき)検査、試験的ホルモン投与、LH‐RH(黄体形成ホルモン放出ホルモン負荷試験などがあります。
[原因]
 卵巣のはたらきは、頭の中にある脳下垂体前葉(のうかすいたいぜんよう)から分泌されるゴナドトロピン(性腺刺激(せいせんしげき)ホルモン)によって支配され、下垂体はさらに上位の中枢である間脳(かんのう)(視床下部(ししょうかぶ))により支配されています。
 視床下部、下垂体、卵巣は、機能的にひとつのネットワークをつくっていて、互いに刺激したり、抑制したりしながら正常な卵巣機能を維持しています。
 したがって、このうちのいずれが障害されても、卵巣機能不全がひきおこされます。
 間脳性の卵巣機能不全の原因としては、急激なダイエットや、それに引き続きおこる神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)、精神的ストレス(転勤、転職、受験、身内の不幸など)などがあります。
 下垂体性の卵巣機能不全の原因としては、下垂体の腫瘍(しゅよう)や、下垂体の近くにできた腫瘍による圧迫、出産で大量出血をした後におこるシーハン症候群コラムシーハン症候群」)などが考えられます。
 そして、卵巣性のものの原因としては、感染症(以前は梅毒(ばいどく)などによるものがありましたが、最近はほとんどみられません)、手術や放射線照射による卵巣実質(卵巣そのもの)の破壊、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)(「卵巣嚢腫」)や卵巣腫瘍などがあります。
 そのほか、内分泌疾患(ないぶんぴつしっかん)(甲状腺(こうじょうせん)機能の低下症や亢進症(こうしんしょう)など)や、別の病気で薬(精神安定剤睡眠薬、胃薬、血圧の薬など)を使用しているためにおこる高プロラクチン血症などによっても、卵巣機能不全がおこります。
[治療]
 根本的には、原因を除去することが中心となります。
 また、卵巣の機能をよくする薬もいくつかあり、排卵誘発剤であるクエン酸クロミフェンはよく使われます。
 漢方薬でも、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や温経湯(うんけいとう)などのように、卵巣機能不全に効果のあるものがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

卵巣機能不全(卵巣機能低下症)の関連キーワード筋子卵巣卵巣嚢腫卵巣ホルモン多嚢胞性卵巣症候群PCOS塩数の子タラコ卵巣摘除卵巣摘除術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone