(読み)セキ

デジタル大辞泉の解説

せき【昔】[漢字項目]

[音]セキ(漢) シャク(呉) [訓]むかし
学習漢字]3年
〈セキ〉過ぎ去った時。久しい以前。むかし。「昔時昔日昔年往昔古昔在昔
〈シャク〉に同じ。「今昔(こんじゃく)
〈むかし〉「昔話大昔
[名のり]つね・とき・ひさ・ふる

むかし【昔】

時間的にさかのぼった過去の一時期・一時点。時間の隔たりの多少は問わずに用いるが、多く、遠い過去をいう。「の話」「のままの姿」「とっくの
過去の10年を1期としてよぶ表し方。「十年ひと」「ひと前の事」
故人。
「五月二日は、―の母の忌日なり」〈右京大夫集詞書
前世。
「さすが―の行ひの力に、関白の御子にてもおはするなるべし」〈今鏡・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかし【昔】

現在から時間的にへだたった過去の一時点または一時期。いつとは特定できないが、回想の対象となる過去のある時。 「 -の思い出」 「 -からそう言いならわされている」 「 -、男有りけり/伊勢 2
過去の10年間を一単位としていう語。 「もうふた-も前のことだ」
(単に)以前。現在と対比してとらえた過去のある時。 「 -こそ外よそにも見しか我妹子わぎもこが/万葉集 474
今は亡き人。故人。 「 -の手にてこの歌をなむかきつけたりける/古今 哀傷詞
前の世。前世。 「いかさまに-結べる契りにて/源氏 紅葉賀」 〔副詞的にも用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昔の関連情報