コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽て/嘗て カツテ

デジタル大辞泉の解説

かつて【曽て/×嘗て】

[副]
過去のある一時期を表す語。以前。昔。「―京都にいたころ」「―の名選手」
(あとに打消しの語を伴って用いる)今まで一度も。ついぞ。「―ないにぎわいを見せる」「いまだ―聞いたことがない」
(あとに打消しの語を伴って用いる)まったく。全然。
「木高(こだか)くは―木植ゑじほととぎす来鳴きとよめて恋増さらしむ」〈・一九四六〉
[補説]近世以降「かって」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

曽て/嘗ての関連キーワード打消し刻する底止淫恣深林卓犖異動凄楚挫衂漂浪濃薄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android