前前(読み)ゼンゼン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぜん【前前】

[名]以前。かつて。
「―より、ふとお見上げ申したものの言うのでは」〈鏡花・眉かくしの霊〉
[語素]日時・年月や配列・序列を示す語の上に付いて複合語をつくり、その前の前である意を表す。先々(せんせん)。「前前回」「前前条」「前前年度」

まえ‐まえ〔まへまへ〕【前前】

ずっと。かねて。以前。「前前からの約束」「前前から気になっている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【前前】

名詞の上に付けて、「前の前」の意を表す。先先。 「 -回」 「 -条」 「 -月」
以前。かつて。 「 -から其話は有りましたので御座いますが/金色夜叉 紅葉

まえまえ【前前】

以前。かねて。ずっと前。 「 -から気になっていた」 「 -からの約束」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前前の関連情報