コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前前 ゼンゼン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぜん【前前】

[名]以前。かつて。
「―より、ふとお見上げ申したものの言うのでは」〈鏡花・眉かくしの霊〉
[語素]日時・年月や配列・序列を示す語の上に付いて複合語をつくり、その前の前である意を表す。先々(せんせん)。「前前回」「前前条」「前前年度」

まえ‐まえ〔まへまへ〕【前前】

ずっと。かねて。以前。「前前からの約束」「前前から気になっている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【前前】

名詞の上に付けて、「前の前」の意を表す。先先。 「 -回」 「 -条」 「 -月」
以前。かつて。 「 -から其話は有りましたので御座いますが/金色夜叉 紅葉

まえまえ【前前】

以前。かねて。ずっと前。 「 -から気になっていた」 「 -からの約束」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前前の関連キーワード新町支石墓群空腹時血糖値芥屋ノ大門雷山神籠石曽根遺跡群愛知(県)先先・先前金色夜叉藍田原人安達盛宗北条時広筑肥線火山帯一昨年先先月前条約束花筐巾着先先

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前前の関連情報