此れ迄(読み)コレマデ

デジタル大辞泉「此れ迄」の解説

これ‐まで【×此れ×迄/×迄】

時間・場所・程度が、示された点までであること。今まで。この時まで。この所まで。「―の苦労も水のあわ」「一般の方は―です。このは入れません」「―何をやっていたのか」
物事の終わり、限界点を示す語。
㋐最後の決心をつけたさまをいう語。もう、これで最後。「もはや―と観念した」
㋑もう、これでお別れのを表す語。「二人の関係も―だ」
[類語]過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往従来従前し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android