蒼然(読み)ソウゼン

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぜん〔サウ‐〕【×蒼然】

[ト・タル][文][形動タリ]
あおあおとしているさま。「蒼然たる月光」
薄暗くぼんやりしているさま。「蒼然たる暮色に閉ざされる」
古び、色あせているさま。「古色蒼然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうぜん【蒼然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
色のあおいさま。また、あおざめているさま。 「 -として死人に等しき我面色/舞姫 鷗外
夕方の薄暗いさま。 「 -として暮れ行く街の方/あめりか物語 荷風
古びて色あせたさま。 「古色-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒼然の関連情報