コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門中将物語 なるとちゅうじょうものがたり

5件 の用語解説(鳴門中将物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴門中将物語
なるとちゅうじょうものがたり

鎌倉時代後期の物語。『なよ竹物語』ともいう。作者未詳。1巻。後嵯峨天皇の逸話を記した実録風の物語で,崩御の文永9 (1272) 年後の成立であるが,『乳母草子』や『思ひのままの記』に名がみえるので,それよりあまり遠くない時期の作かとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なるとちゅうじょうものがたり〔なるとチユウジヤウものがたり〕【鳴門中将物語】

鎌倉時代の物語。1巻。作者未詳。文永9年(1272)以後の成立。後嵯峨天皇に見そめられたある少将の妻が、その機知によって天皇の寵愛(ちょうあい)を受ける。夫は中将に昇進し、鳴門は良い海布(め)のとれるところから良き妻(め)をかけて鳴門中将とよばれたという。なよ竹物語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳴門中将物語【なるとちゅうじょうものがたり】

鎌倉後期の短編物語。1巻。《なよ竹物語》としても伝流。作者不詳。実在の登場人物の官位呼称などから,物語は1251年春から夏を舞台としている。末尾部に《御さがの御門》と後嵯峨天皇の諡号表記があり,それに従えば1272年以降の成立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

なるとちゅうじょうものがたり【鳴門中将物語】

物語。一巻。作者未詳。鎌倉前期の成立。後嵯峨天皇の寵愛ちようあいを受けた某少将の妻の機知と、その夫の栄達を諷ふうした短編物語。なよ竹物語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴門中将物語
なるとのちゅうじょうものがたり

実録風物語。作者不明。13世紀末の成立か。『なよ竹物語』ともいう。後嵯峨(ごさが)天皇(在位1242~46)は蹴鞠(けまり)見物のときにみかけた女に執心したが、女は「なよ竹の」と古歌を踏まえて拒絶した。あきらめきれぬ天皇は、少将の妻であるその女を、夫の了解を得て、召して寵愛(ちょうあい)した。男2人は、よき君臣というべきである。やがて中将に昇進した夫は、よき妻(め)(海草(わかめ)の意をかける)をもった鳴門中将とよばれてうらやましがられたという話。宮廷貴族文化の爛熟(らんじゅく)した時期の風俗の一端が語られている。伝本のなかには国宝の絵巻がある。また『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』のなかの一説話ともなっている。[桑原博史]
『永積安明著『中世文学論』(1944・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴門中将物語の関連キーワード石清水物語擬古物語五代帝王物語福富草子夜の寝覚秋夜長物語風につれなき物語きのふはけふの物語曽我物語作者未詳歌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone