コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門中将物語 なるとちゅうじょうものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴門中将物語
なるとちゅうじょうものがたり

鎌倉時代後期の物語。『なよ竹物語』ともいう。作者未詳。1巻。後嵯峨天皇の逸話を記した実録風の物語で,崩御の文永9 (1272) 年後の成立であるが,『乳母草子』や『思ひのままの記』に名がみえるので,それよりあまり遠くない時期の作かとされる。『古今著聞集』巻八に入っているが,後人の増補による。現存本はいずれも増補,改訂を経た本で,2種類に分れ,最古のものは鎌倉時代とされる絵巻物である。弥生の頃,帝が御所の鞠の会の見物中に美人を認め,蔵人に追わせると,女は「なよ竹の」と古歌の1句で答える。ようやくその意味は解いたが,女を見失い,陰陽師の占いにより夏にこの女を見つけると某少将の妻であった。やむをえず妻を参上させた夫の少将は,やがて中将となり近習に加えられたが,鳴門中将 (「よきめ」にかけて) とあだ名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なるとちゅうじょうものがたり〔なるとチユウジヤウものがたり〕【鳴門中将物語】

鎌倉時代の物語。1巻。作者未詳。文永9年(1272)以後の成立。後嵯峨天皇に見そめられたある少将の妻が、その機知によって天皇の寵愛(ちょうあい)を受ける。夫は中将に昇進し、鳴門は良い海布(め)のとれるところから良き妻(め)をかけて鳴門中将とよばれたという。なよ竹物語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳴門中将物語【なるとちゅうじょうものがたり】

鎌倉後期の短編物語。1巻。《なよ竹物語》としても伝流。作者不詳。実在の登場人物の官位呼称などから,物語は1251年春から夏を舞台としている。末尾部に《御さがの御門》と後嵯峨天皇の諡号表記があり,それに従えば1272年以降の成立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

なるとちゅうじょうものがたり【鳴門中将物語】

物語。一巻。作者未詳。鎌倉前期の成立。後嵯峨天皇の寵愛ちようあいを受けた某少将の妻の機知と、その夫の栄達を諷ふうした短編物語。なよ竹物語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴門中将物語
なるとのちゅうじょうものがたり

実録風物語。作者不明。13世紀末の成立か。『なよ竹物語』ともいう。後嵯峨(ごさが)天皇(在位1242~46)は蹴鞠(けまり)見物のときにみかけた女に執心したが、女は「なよ竹の」と古歌を踏まえて拒絶した。あきらめきれぬ天皇は、少将の妻であるその女を、夫の了解を得て、召して寵愛(ちょうあい)した。男2人は、よき君臣というべきである。やがて中将に昇進した夫は、よき妻(め)(海草(わかめ)の意をかける)をもった鳴門中将とよばれてうらやましがられたという話。宮廷貴族文化の爛熟(らんじゅく)した時期の風俗の一端が語られている。伝本のなかには国宝の絵巻がある。また『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』のなかの一説話ともなっている。[桑原博史]
『永積安明著『中世文学論』(1944・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳴門中将物語の関連キーワード岸本由豆流大和物語栄達一巻

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android