コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河[市] こが

世界大百科事典 第2版の解説

こが【古河[市]】

茨城県最西端の市。1950年市制。人口5万9093(1995)。利根川,渡良瀬川,思(おもい)川の合流点付近に位置し,北は栃木県,西は埼玉県に接する。市域の大半は猿島(さしま)台地に開け,中心市街は市域北西部を占める。1455年(康正1)足利成氏古河公方(くぼう)としてこの地を拠点とした。江戸時代には譜代大名が配置された古河藩の城下町,また日光道中の宿場町として栄え,利根川水系航路の要地として重視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android