台詞・科白・白(読み)せりふ

  • せれふ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 役者が劇中で言うことば。せるふ。せれふ。
※わらんべ草(1660)五「其時の脇は、進藤久右衛門左近のぜうは、同権右衛門にてせりふに、云分有しに」
② 常日頃からの言いぐさ。きまり文句。儀礼的な慣用句。
※浮世草子・風俗遊仙窟(1744)二「貧賤に素しては、此糟を用ひよとの世理賦(セリフ)を用ひず」
③ (一般的に) ことば。会話。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「ぎりにつまった女房のせりふ、もっともとむねにこたへしよりふさが」
④ (━する) 苦情・文句を言うこと。言い分を述べること。交渉・談判すること。
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)中「お花はこちの奉公人。おやじとのせりふならどこぞ外でしたがよい」
⑤ (━する) 特に、遊里で遊女が自分の要求や不満について客と詰め開きをすること。
※洒落本・擲銭青楼占(1771)水山蹇「此卦の客は、〈略〉ぶらりしゃらりとよいかげんにつとめておいて吉。せりふをすれば大に身についたものをはなす事あるべし」
⑥ (━する) 支払いをすること。商取引をすること。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)二「爰へござんしてから三十日余りの座敷代〈略〉何ぢゃあらうと今夜中にせりふして下さんせにゃなりませぬ」
[補注]「会津塔寺八幡宮長帳‐慶長六年」には「其八月之日町にけい子屋へせりう付申候へ共、けい子之衆新たて之物二人打取申候」の例がある。
[語誌](1)能や狂言の用語から一般化したもの。「せれふ(台詞)」の挙例「八帖花伝書‐三」に、「次第、みちゆき、付ふし、せれふ、かかるふし〈略〉あひの謡、出は、きり、かくのごとくのうたひわけ」と記されているように、能の中での謡の構成要素として挙げられている。特に狂言においてはせりふが中心であったところから、近世になると、広く相手のことばや、談判、きまり文句などの意味で使用されるようになった。
(2)節用集類には、「世流布(セルフ)」〔延宝八年合類節用集・運歩色葉〕や「世理否」「世利布」〔万代節用集〕といった漢字表記も見える。明治になって、「言海」などの国語辞書が、漢字表記として「台詞」を採用したが、中国語にもある「台詞」「科白」を日本でも使うようになったのであろう。「セレフ」「セルフ」は「セリフ」よりも古い語形かとも考えられる。
※八帖花伝書(1573‐92)三「大夫のせれふ・脇のせれふ、違ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android