コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良[町] きら

2件 の用語解説(吉良[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉良[町]【きら】

愛知県南部,三河湾に面する幡豆(はず)郡の旧町。近世吉良氏の領地で,干拓による新田開発,製塩が盛んであった。中心の吉田はかつての塩の積出港で,名鉄蒲郡(がまごおり)線と西尾線の結節点。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きら【吉良[町]】

愛知県南部,幡豆(はず)郡の町。人口2万1806(1995)。南は三河湾に面し,矢作(やはぎ)川沖積地の一角を占める。中世は吉良荘のうちにあり,足利氏の一族吉良氏が地頭となって支配した。室町時代には南半部に新田が開発され,江戸時代には饗庭塩(あえばじお)の産地として知られた。製塩は1971年まで続けられ,大正期には約140haの塩田があった。《忠臣蔵》で有名な吉良義央の領地で,義央は黄金堤を築くなどの善政をしいたので,地元では名君といわれ,華蔵寺に墓がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉良[町]の関連キーワード牛久吉良半田えびの蒲郡志木長井碧南愛知こどもの国太田松次郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone