コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野水分神社 よしのみくまりじんじゃ

6件 の用語解説(吉野水分神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉野水分神社
よしのみくまりじんじゃ

奈良県吉野町吉野山に鎮座する元村社。子守明神ともいう。アメノミクマリオオカミら7神を祀る。本来,水の分配を司り,農業を守護する神であるが,子守神としても知られる。『玉依姫命坐像』 (国宝) を有する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしのみくまり‐じんじゃ【吉野水分神社】

奈良県吉野郡吉野町吉野山にある神社。主神は天水分命(あまのみくまりのみこと)。本来は水の分配をつかさどる神だが、「みくまり」が訛(なま)って「みこもり(御子守)」となり、子守・子授けの神として祭られるようになったといわれる。本殿などの社殿は、慶長9年(1604)に豊臣秀頼(ひでより)が再建したもので、国の重要文化財。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。通称、子守明神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉野水分神社【よしのみくまりじんじゃ】

奈良県吉野町吉野山に鎮座。旧村社。天之水分神ほか5神をまつる。通称は子守明神。吉野の水源をつかさどる神。延喜式内の大社。例祭は10月16日。国宝の玉依姫命座像などがある。
→関連項目吉野山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

吉野水分(みくまり)神社

奈良県吉野郡吉野町にある神社。創祀は不明。祭神は天之水分大神(あめのみくまりおおかみ)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)など。名称の「みくまり」が「みこもり(御子守)」に転じて子守さんと呼ばれ、子宝の神として信仰を集める。「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界遺産に登録。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしのみくまりじんじゃ【吉野水分神社】

奈良県吉野郡吉野町に鎮座。旧村社。天之水分大神ほか5神をまつる。水分神は流水を分配することをつかさどる神で,この神をまつった神社は諸国にあり,朝廷が豊年を祈請した。吉野水分神社は吉野首(おびと)の祖神で,《延喜式》神名帳にも記載されている。後世〈みくまり〉が訛(なま)って〈みこもり〉といわれ,子守明神に結びついて,子育ての神として信仰された。木像の玉依姫命座像は国宝。例祭は10月16,17日。【加藤 隆久】 社殿は,中庭を囲って,北に楼門とその両側に付く翼廊,西の一段高いところに本殿,南に幣殿,東に拝殿が配置されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野水分神社
よしのみくまりじんじゃ

奈良県吉野郡吉野町吉野山に鎮座。天水分命(あまのみくまりのみこと)ほか六神を祀(まつ)る。7世紀末以来、朝廷から祈雨(きう)の奉幣を受けた記録がある。『延喜式(えんぎしき)』には祈雨神八五座の一に列し、名神(みょうじん)大社でもある。859年(貞観1)正(しょう)五位下(げ)を奉叙された。本来は水の配分をつかさどる神であるが、のちミクマリをミコモリと訛(なま)り、子守明神と称されたように、子育ての神あるいは安産の神とする信仰が生じた。本殿、幣殿、拝殿、楼門、回廊などからなる社殿は、1604年(慶長9)に豊臣秀頼(とよとみひでより)が再建したもので国の重要文化財に指定されている。木造の玉依姫坐像(たまよりひめざぞう)は鎌倉期の作で国宝である。例祭は10月第三土曜日。[熊谷保孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉野水分神社の言及

【水分神】より

…《古事記》には〈天之水分神〉〈国之水分神〉として見えている。《延喜式》神名帳には,大和国(奈良県)に葛木(かつらぎ)水分神社,吉野水分神社,宇太(うだ)水分神社,都祁(つげ)水分神社が,河内国(大阪府)に建(たけ)水分神社,摂津国住吉郡(大阪府)に天水分豊浦命神社が記載されている。《延喜式》によると神祇官が執行する四時祭の祈年(としごい)祭と月次(つきなみ)祭や臨時祭の祈雨神祭(きうしんさい)には,大和国の葛木,吉野,宇太,都祁の四つの水分神社に奉幣や馬の奉納があった。…

※「吉野水分神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉野水分神社の関連キーワード奈良県吉野郡吉野町飯貝奈良県吉野郡吉野町河原屋奈良県吉野郡吉野町小名奈良県吉野郡吉野町志賀奈良県吉野郡吉野町平尾奈良県吉野郡吉野町御園奈良県吉野郡吉野町三津奈良県吉野郡吉野町宮滝奈良県吉野郡吉野町六田奈良県吉野郡吉野町柳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone