心を許す(読み)こころをゆるす

精選版 日本国語大辞典「心を許す」の解説

こころ【心】 を 許(ゆる)

① 心の緊張をゆるめて人にうちとける。特に、愛情を受け入れる。
※万葉(8C後)四・六一九「年深く 長くし云へば まそ鏡 磨ぎし情乎(こころヲ)(ゆるし)てし その日の極み」
※宇治拾遺(1221頃)三「なさけは交しながら、心をばゆるさず。つれなくて、はしたなからぬ程にいらへつつ」
② 心の緊張をゆるめて必要な注意を怠る。気を許す。油断する。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「たはやすく心ゆるされぬことはあらじと、打解けたるぞかし」
※御伽草子・酒呑童子(室町末)「これにありあふ鬼どもよ、心ゆるして怪我するな」
③ 迷って心の本体を失う。心にまかせてほしいままにする。
※読本・雨月物語(1776)青頭巾「心放(ユル)せば妖魔となり、収むる則(とき)は仏果を得る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心を許す」の解説

こころゆる・す

を許す。また、うちとける。「彼に―・したのがまちがいだった」「互いに―・した間柄」
[類語]心が通う心を通わす気が置けない胸襟を開く腹を割る心を開く気を許す肝胆相照らす以心伝心呼応意気投合合意コンセンサス息が合う反りが合う反り馬が合う気が合う肌が合う琴瑟きんしつ相和す打てば響くつうかあファミリアフレンドリーアットホームドメスティック家庭的打ち解ける解け合う馴染む親しむ心安い水いらず親しい近しい気安いむつまじい親密懇意昵懇じっこん懇親別懇ねんご親愛和気藹藹あいあい仲良し人なつこい取っ付きやすい懐こい如才ない調子がいいなれなれしい馴染み深いつう‐つう応える共鳴同感共感拈華微笑ねんげみしょう心を合わせる心を一にする心を交わす心を以て心に伝う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android