気が置けない(読み)キガオケナイ

デジタル大辞泉「気が置けない」の解説

け◦ない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮をしなくてよい」と「相手に対して気配りや遠慮をしなくてはならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成18年度調査平成24年度調査
相手に対して気配りや遠慮をしなくてよい
本来の意味とされる)
44.6パーセント42.4パーセント42.7パーセント
相手に対して気配りや遠慮をしなくてはならない
(本来の意味ではない)
40.1パーセント48.2パーセント47.6パーセント

[類語]近い緊密接近密接親近近接不可分濃い切っても切れないファミリアフレンドリーアットホームドメスティック家庭的打ち解ける解け合う馴染む親しむ水いらず親しい近しい心安い気安いむつまじい親密懇意昵懇じっこん懇親別懇ねんご親愛和気藹藹あいあい仲良し人なつこい取っ付きやすい懐こい如才ない調子がいいなれなれしい以心伝心呼応意気投合合意コンセンサス息が合う反りが合う反り馬が合う気が合う肌が合う琴瑟きんしつ相和す打てば響くつうかあ応える共鳴同感共感拈華微笑ねんげみしょう心を合わせる心を一にする心を通わす心が通う胸襟を開く腹を割る心を開く心を許す気を許す肝胆相照らす心を交わす心を以て心に伝う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「気が置けない」の解説

気が置けない

本来は、緊張する必要のない打ち解けた人という意味であるが、「置けない」という否定表現から「気の許せない」などと同じ意味に誤解されたのか、反対に緊張して注意しなければならない相手という意味に用いられることが多くなっている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android