コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和達清夫 わだちきよお

6件 の用語解説(和達清夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和達清夫
わだちきよお

[生]1902.9.8. 愛知,名古屋
[没]1995.1.5. 東京
地震学者,気象学者。筆名,西須諸次(さいすもろじ)。1925年東京帝国大学理学部卒業,中央気象台に入る。1947年同気象台台長となり,1952年の気象業務法の施行を進めた。1956年中央気象台が気象庁に昇格した際,初代長官に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わだち‐きよお〔‐きよを〕【和達清夫】

[1902~1995]地球物理学者。愛知の生まれ。初代気象庁長官・埼玉大学学長・日本学士院長。地震が300キロメートル以上の深所でも発生することを発見。昭和60年(1985)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和達清夫【わだちきよお】

地球物理学者。愛知県生れ。東京帝国大学(現,東京大学)理学部物理学科卒業。中央気象台台長を務め,1956年に同気象台を昇格改組した気象庁の初代長官となり,1963年までその職にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和達清夫 わだち-きよお

1902-1995 昭和-平成時代の気象学者。
明治35年9月8日生まれ。東京帝大で寺田寅彦らにまなぶ。気象庁の前身中央気象台の台長をへて,昭和31年気象庁初代長官。深発地震がかたむいた面上に発生することをつきとめた。昭和7年学士院恩賜賞,60年文化勲章日本学術会議会長,埼玉大学長,学士院院長などを歴任。平成7年1月5日死去。92歳。愛知県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

わだちきよお【和達清夫】

1902~1995) 地球物理学者。名古屋生まれ。東京帝大卒。初代気象庁長官・埼玉大学学長。地震が300キロメートル 以上の深所でも発生し、それらの深発地震が海溝から陸側へ下向きに傾いた面上に分布していることを示した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和達清夫
わだちきよお
(1902―1995)

地球物理学者。名古屋に生まれ、1925年(大正14)東京帝国大学物理学科を卒業。同年中央気象台(現、気象庁)に勤務、初めはもっぱら地震を研究して、深所に発生する地震(深発地震)の研究で地震の分類・統計解析に画期的な進歩をもたらし、1932年(昭和7)学士院恩賜賞を受けた。1943年満州国観象台長、1947年(昭和22)中央気象台長。1956年気象庁への昇格に伴い初代長官となり、1960年には第5期日本学術会議会長に選出された。1963年気象庁退官後は国立防災科学技術センター(現、防災科学技術研究所)所長、1966年埼玉大学学長、1974年日本学士院院長を歴任し、1982年から東京地学協会会長となる。1947年地震予知研究連絡委員会(地震予知連絡会の前身)発足とともに委員長、1970年中央公害審議会会長就任と、防災体制への寄与も大きい。1985年文化勲章を受章した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和達清夫の言及

【サブダクション帯】より

…二つのプレートの収束境界のうち一方が海底の場合に起こる。海溝から陸の下へ傾いた深発地震面として,1928年に和達清夫によって発見されたのが始まりで,54年にアメリカのベニオフHugo Benioffによって世界各地の例がまとめられたので和達=ベニオフ帯Wadati‐Benioff zoneまたは単にベニオフ帯ともいう。その後,地震の発震機構の研究から,硬い海底リソスフェアが海溝の下で折れ曲がり,陸の地殻とすれ合いながらマントル内深くへ沈み込んでいるようすが示された。…

【深発地震】より

…世界で最も深い地震は720km,日本付近では600km程度である。このような地球内部の深い場所に地震が実際に起こっていることを確証したのは,日本の地震学者和達清夫である。和達の研究によって,太平洋側から日本列島下に北西―西―南西方向へ傾斜する深発地震面が存在することが初めて明らかとなった。…

※「和達清夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和達清夫の関連キーワード石丸雄吉大谷東平大山勝通小倉義光窪田正八倉嶋厚大後美保忠鉢繁根本順吉村上多喜雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone