コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四・一六事件 よん・いちろくじけん

5件 の用語解説(四・一六事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四・一六事件
よん・いちろくじけん

昭和初年の共産党一斉検挙事件。三・一五事件に続いて 1929年4月 16日,第3次の一斉検挙が行われ,市川正一鍋山貞親ら約 800人が逮捕され,339人が起訴された。6月には上海で佐野学も逮捕され,以後日本共産党は組織上壊滅的な打撃を受け,45年の敗戦にいたるまで地下活動の時期をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しいちろく‐じけん【四・一六事件】

よんいちろくじけん

よんいちろく‐じけん【四・一六事件】

昭和4年(1929)4月16日、政府が全国的に日本共産党員を大量検挙した事件。市川正一ら首脳の逮捕も続き、共産党は壊滅的打撃を受けた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

四・一六事件【よんいちろくじけん】

改悪された治安維持法適用による1929年の日本共産党大検挙事件。三・一五事件の一斉検挙から逃れた幹部を追跡した当局が4月16日に全国一斉に約700名を検挙,引き続き市川正一鍋山貞親佐野学ら幹部を逮捕,共産党は壊滅的打撃を受けた。
→関連項目田中義一内閣三田村四郎無産者新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四・一六事件
よんいちろくじけん

1928年(昭和3)の三・一五事件に続き、翌29年4月16日に行われた日本共産党への大弾圧。中国侵略を進める田中義一(ぎいち)内閣は共産党の取締りを強め、三・一五弾圧直後の4月には、治安維持法の「国体の変革」の項の最高刑を死刑または無期懲役に引き上げる案を議会に提出、審議未了となると6月に緊急勅令で公布した。しかし共産党は弾圧のなかでも活動を続け、28年4月の第二次山東(さんとう)出兵に反対、12月には、解散された日本労働組合評議会にかわって日本労働組合全国協議会が、また同じく労働農民党にかわって政治的自由獲得労農同盟が組織された。そのため警察は引き続き共産党員を追及し国領五一郎(こくりょうごいちろう)ら多数を逮捕、さらに執拗(しつよう)に内偵を重ね、29年4月16日に共産党員および同党支持者約300名を一斉検挙、その後も市川正一(しょういち)らを逮捕した。四・一六事件関係の起訴は295名となり、全国各地で裁判に付された。東京では三・一五事件被告と統一公判となった。ほとんどの被告が治安維持法違反で有罪となり、同法改定後のため三・一五事件被告よりも重い判決を受けた。国領、市川は服役中に栄養失調などで獄死した。三・一五事件に続くこの弾圧によって、日本共産党はおもな幹部や全国の活動家が逮捕されて壊滅的な打撃を受けた。この事件は、三・一五事件とともに、国民を全面戦争に動員する体制づくりの前提ともなった。[梅田欽治]
『我妻栄他編『日本政治裁判史録 昭和・前』(1970・第一法規出版) ▽日本共産党中央委員会『日本共産党の六十五年・上』(1988・日本共産党中央委員会出版局) ▽上田誠吉著『昭和裁判史論』(1983・大月書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone