コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四天 シテン

5件 の用語解説(四天の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐てん【四天】

四時の天。春の蒼天(そうてん)、夏の昊天(こうてん)、秋の旻天(びんてん)、冬の上天のこと。
四天王(してんのう)」の略。

よ‐てん【四天】

歌舞伎の衣装で、広袖で裾の左右が切れ込んでいる着付け。動きの激しい、武勇を表す役などに用いる。また、それを着ている役。
荷物や荷車を四人で担いだり動かしたりすること。
「三河酒―でかつぎ山へゆき」〈柳多留・九七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よてん【四天】

歌舞伎の衣装。衽(おくみ)がなく,裾の両脇に切れ目(スリット)が入っているのが特徴。〈してん〉と読むことは忌まれてきた。仏像の四天王の衣装からとった説,黄檗(おうばく)宗の僧衣が裾のあたりで四つに裂けていて,四天と呼ぶのを移したとする説がある。また,舞台で鎧(よろい)の着用が禁じられていた時代に,鎧がわりに利用したともいわれる。用途は意外なほど幅ひろい。主役級が着るものと捕手や軍兵が着るものと2系統あるが,転じて〈四天〉は,捕手や軍兵の役柄を示す語ともなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

してん【四天】

四時の天。春の蒼天そうてん、夏の昊天こうてん、秋の旻天びんてん、冬の上天をいう。
「四天王」の略。 「甲かぶとには-をかいて、押したりける/平家 8

よてん【四天】

黄檗おうばく宗の僧が用いる衣服で、袖が広く腰のあたりで四つに裂けたように仕立てたもの。
歌舞伎で、 に似た衣装。捕り手・御注進など、動きの激しい役や盗賊などが着る。また、それを着ている役。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四天の関連キーワード阿国歌舞伎着付け遊女歌舞伎衣装方歌舞伎子逆衽歌舞伎踊仕出し衣装踏込

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四天の関連情報