コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四天 シテン

デジタル大辞泉の解説

し‐てん【四天】

四時の天。春の蒼天(そうてん)、夏の昊天(こうてん)、秋の旻天(びんてん)、冬の上天のこと。
四天王(してんのう)」の略。

よ‐てん【四天】

歌舞伎の衣装で、広袖で裾の左右が切れ込んでいる着付け。動きの激しい、武勇を表す役などに用いる。また、それを着ている役。
荷物や荷車を四人で担いだり動かしたりすること。
「三河酒―でかつぎ山へゆき」〈柳多留・九七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よてん【四天】

歌舞伎の衣装。衽(おくみ)がなく,裾の両脇に切れ目(スリット)が入っているのが特徴。〈してん〉と読むことは忌まれてきた。仏像の四天王の衣装からとった説,黄檗(おうばく)宗の僧衣が裾のあたりで四つに裂けていて,四天と呼ぶのを移したとする説がある。また,舞台で鎧(よろい)の着用が禁じられていた時代に,鎧がわりに利用したともいわれる。用途は意外なほど幅ひろい。主役級が着るものと捕手軍兵が着るものと2系統あるが,転じて〈四天〉は,捕手や軍兵の役柄を示す語ともなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

してん【四天】

四時の天。春の蒼天そうてん、夏の昊天こうてん、秋の旻天びんてん、冬の上天をいう。
「四天王」の略。 「甲かぶとには-をかいて、押したりける/平家 8

よてん【四天】

黄檗おうばく宗の僧が用いる衣服で、袖が広く腰のあたりで四つに裂けたように仕立てたもの。
歌舞伎で、 に似た衣装。捕り手・御注進など、動きの激しい役や盗賊などが着る。また、それを着ている役。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四天の関連キーワード伊予国分寺塔跡京鹿子娘道成寺讃岐国分寺跡歌舞伎の用語四天王合行法非想非非想天下府廃寺塔跡津野山神楽石橋(能)上野廃寺跡歌舞伎衣装成田清兵衛相生獅子斎藤 瀏粟原寺跡出口常順三界諸天四天の鋲四天の星てんのう

四天の関連情報