コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四衆 ししゅ

6件 の用語解説(四衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四衆
ししゅ

(1) 仏教教団を構成する人々を4種類に分類したもの。 (a) 比丘 (びく。男の出家者) ,(b) 比丘尼 (びくに。女の出家者) ,(c) 優婆塞 (うばそく。男の在家信者) ,(d) 優婆夷 (うばい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅ【四衆】

四部衆(しぶしゅ)

し‐しゅう【四衆】

四部衆(しぶしゅ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ししゅ【四衆】

〘仏〙
仏教徒を四つに分けたもの。比丘びく・比丘尼びくに・優婆塞うばそく・優婆夷うばい
出家した者を四つに分けたもの。比丘・比丘尼・沙弥しやみ・沙弥尼。四部衆。四部の弟子。

ししゅう【四衆】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四衆
ししゅ

仏教の術語で、仏教教団のメンバーの総称。すなわち、(1)比丘(びく)(ビクシュbhiku)と(2)比丘尼(びくに)(ビクシュニーbhikun)とは出家者の男女をいい、(3)優婆塞(うばそく)(ウパーサカupsaka)と(4)優婆夷(うばい)(ウパーシカーupsik)とは在家信者の男女をいう。比丘・比丘尼とは具足(ぐそく)戒を受けて教団内で修行に専念する者で、彼らに衣食住などを布施し五戒を受けた在家信者の優婆夷・優婆塞が帰依(きえ)して、教団は構成され維持される。のちに比丘・比丘尼の未成年者(沙弥(しゃみ)と沙弥尼)および比丘尼として出家する前の2年間を過ごす学真女(がくしんにょ)を加えて、七衆(しちしゅ)に発展する。[三枝充悳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四衆の言及

【僧】より

…サンガは元来,集団,共同体の意味で,修行者の集り,教団を指すが,中国では転じて個々の修行者を僧とよぶにいたった(その複数形をあらわす僧侶もまた,日本では個人を指す語に転化した)。
[インド]
 教団の構成員は出家修行者たる比丘(びく),比丘尼(びくに)と在家信者たる優婆塞(うばそく),優婆夷(うばい)の4種で,合わせて四衆とよぶ。また,修行者のうち未成年者を沙弥(しやみ),沙弥尼といい,女性で入団1年未満のものを式叉摩那(しきしやまな)とよび,これらを別出して七衆ともいう。…

※「四衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四衆の関連キーワード天竜八部衆四部四部合唱四部合戦状四部衆四部の弟子四部の博士四部官四部律しぶしの日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone