コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因果関係(法律) いんがかんけい

百科事典マイペディアの解説

因果関係(法律)【いんがかんけい】

一定の先行事実と一定の後行事実との間の必然的関係。すなわち,もし前者がなかったならば後者がなかったであろうという関係。法律上,これが問題になるのは民法の損害賠償責任と刑法の犯罪の成立に関してである。
→関連項目公害罪サリドマイド訴訟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

因果関係(法律)の関連キーワード一定

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android