国家緊急権(読み)コッカキンキュウケン

  • こっかきんきゅうけん〔コクカキンキフ〕
  • ドイツ
  • 国家緊急権 Staatsnotrecht

世界大百科事典 第2版の解説

戦争,内乱天災地変等の緊急事態にあたって,通常の統治体制ではそれに対処できないとして,国家と憲法の存立を維持するため行使される特別の権力。国家緊急権の発動によって,通常,権力の集中と立憲主義(憲法による権力の拘束)の一時的停止が行われる。そのため,人権に対して特別の制限が課されることが多い。国家緊急権は,とられる措置の強さに応じて,三つに区別できる。第1に,通常の統治体制に限られた修正を加える場合である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国家緊急権の言及

【緊急事態】より

…一般的には,戦争,内乱,天災地変等の事態が,通常の統治体制ではそれに対処できないと考えられる場合をさし,非常事態ともいう。このような事態に対処するための特別の権力を,国家緊急権と呼ぶ。明治憲法は緊急事態に対処するために,〈緊急勅令〉(8条),〈戒厳令〉(14条),〈非常大権〉(31条),〈財政上の緊急処分〉(70条)の措置を定めていた。…

※「国家緊急権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家緊急権の関連情報