田村神社(読み)たむらじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「田村神社」の解説

田村神社
たむらじんじゃ

香川県高松市一宮(いちのみや)町に鎮座倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)、五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、天隠山(あめのかぐやまのみこと)、天五田根命(あめのいたねのみこと)(以上五神を田村大神という)を祀(まつ)る。創建年代不詳、社伝で709年(和銅2)社殿を創建という。祭神について種々伝承されるが、定水(さだみず)大明神と古くより称され、本社奥殿床下に定水といわれる戸のあることより、古来本社周辺の水田を潤す井戸に対する信仰に発する社(やしろ)とみられる。849年(嘉祥2)従(じゅ)五位下、延喜(えんぎ)の制で名神(みょうじん)大社、のち讃岐(さぬき)国一宮、明治の制で国幣中社。

 例祭10月8日、ほかに5月8日の初夏祭、御蚊帳垂神事(おかちょうたれのしんじ)、10月8日例祭後の御蚊帳撤(あけ)神事など特殊神事が多い。

[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「田村神社」の解説

田村神社

香川県高松市にある神社。延喜式内社。祭神は田村大神(倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)、五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、天隠山命(あめのかぐやまのみこと)、天五田根命(あめのいたねのみこと)の5神)。讃岐国一之宮。「定水(さだみず)大明神」「一宮大明神」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア「田村神社」の解説

田村神社【たむらじんじゃ】

香川県高松市一宮町に鎮座。旧国幣中社。祭神は倭迹迹日百襲姫(やまとととびももそひめ)命・五十狭芹彦(いさせりひこ)命・【さる】田彦大神・天隠山命・天五田根命の五柱。延喜式内の名神大社とされ,讃岐(さぬき)国の一宮。例祭は5月8日と10月8日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「田村神社」の解説

たむら‐じんじゃ【田村神社】

香川県高松市一宮町にある神社。旧国幣中社。祭神は倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)ほか四柱(田村大神五柱)。和銅二年(七〇九)の創祀と伝える。讚岐国一の宮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「田村神社」の解説

たむらじんじゃ【田村神社】

香川県高松市一宮町に鎮座。祭神は倭迹迹日百襲姫(やまとととびももそひめ)命,五十狭芹彦(いさせりひこ)命,猿田彦大神,天隠山(あめのかぐやま)命,天五田根(あめのいたね)命。この5神を総称して田村大神というが,中世以来定水(さだみず)大明神とも唱えられ,現在も奥殿床下に定水と称する深秘の井のあることから,讃岐平野の井水に対する崇拝より発する神社とみられる。861年(貞観3)官社に列せられ,865年正五位下,877年(元慶1)正四位上に叙せられ,延喜の制で名神大社,のち讃岐国一宮。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android