コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東玉三郎(5代目) ばんどうたまさぶろうごだいめ

1件 の用語解説(坂東玉三郎(5代目)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

坂東玉三郎(5代目)

歌舞伎の立女形、俳優、映画監督、演出家。1950年4月25日、東京都出身。幼い頃に患った小児麻痺後遺症リハビリのため舞踊を習ったのをきっかけに歌舞伎界に入る。57年に初舞台を踏み、64年に14代目守田勘弥(4代目坂東玉三郎)の養子となり、5代目坂東玉三郎を襲名。以来、「桜姫東文章」の桜姫、「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子など古典の大役を数多く演じ、歌舞伎界を背負う女形の地位を確立する。84年にニューヨークメトロポリタン歌劇場に招かれて「鷺娘」を演じたことから広く名を知られるようになり、世界一流の音楽家や映画監督、バレエ振付師などとのコラボレーションを展開、国際的にも高い評価を得る。また、映画の監督や舞台の演出も手掛け、ジャンル・国境を越えて活躍している。2012年、歌舞伎の女形では歴代5人目となる人間国宝に認定された。

(2012-07-24)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone