コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比氏 たじひうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多治比氏
たじひうじ

古代の氏族。多治,丹治比などとも書く。河内国丹比郡が本貫で,大化の頃に左大臣嶋,奈良時代には中納言の県守,広成らが出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじひうじ【多治比氏】

古代の氏族。丹比,多治,丹墀にもつくる。《日本書紀》によると,宣化天皇の皇子上殖葉(かみつうえは)皇子(またの名は椀子(まろこ))を祖とする。また《三代実録》には,宣化天皇―恵波皇子―十市王―多治比古王という系譜と,誕生のときに多治比(イタドリ)の花が産湯の釜に飛来し浮かんだことにちなみ,多治比古と名づけたこと,および成長の後多治比公という姓を賜ったとの伝承が見える。684年(天武13)10月天武天皇が八色(やくさ)の姓(かばね)を定めたとき,最高の姓である真人を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多治比氏
たじひうじ

古代の皇別有力氏族。多治、丹比、丹治、丹とも書く。宣化天皇(せんかてんのう)の皇子上殖葉(かむえは)王の孫多治比古(たじひこ)王の後裔(こうえい)。この王の誕生のとき、産湯に多治比(虎杖(いたどり))の花が飛来したので多治比古王と名づけ、子孫も多治比を氏としたと伝えるが、おそらくは河内国(かわちのくに)(大阪府)丹比(たじひ)郡の地名を負ったのであろう。初め公(きみ)(君)姓、684年(天武天皇13)真人(まひと)姓。天武(てんむ)・持統(じとう)・文武(もんむ)朝に歴仕した嶋(しま)が左大臣に昇進して大いに栄え、その子池守(いけもり)、県守(あがたもり)、広成(ひろなり)、広足(ひろたり)らも大(だい)・中納言(ちゅうなごん)に任じ、奈良中期までは一流貴族の地位を確保したが、その後は藤原氏繁栄の前にしだいに影が薄くなり、平安初期を境に、やがて中央政界から消えていく。武蔵七党(むさししちとう)の一つ丹党(たんとう)は、その子孫の武士化したものである。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

多治比氏の関連キーワード橘奈良麻呂達智門

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android