コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比氏 たじひうじ

3件 の用語解説(多治比氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多治比氏
たじひうじ

古代の氏族。多治,丹治比などとも書く。河内国丹比郡が本貫で,大化の頃に左大臣嶋,奈良時代には中納言の県守,広成らが出た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじひうじ【多治比氏】

古代の氏族。丹比,多治,丹墀にもつくる。《日本書紀》によると,宣化天皇の皇子上殖葉(かみつうえは)皇子(またの名は椀子(まろこ))を祖とする。また《三代実録》には,宣化天皇―恵波皇子―十市王―多治比古王という系譜と,誕生のときに多治比(イタドリ)の花が産湯の釜に飛来し浮かんだことにちなみ,多治比古と名づけたこと,および成長の後多治比公という姓を賜ったとの伝承が見える。684年(天武13)10月天武天皇が八色(やくさ)の姓(かばね)を定めたとき,最高の姓である真人を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多治比氏
たじひうじ

古代の皇別有力氏族。多治、丹比、丹治、丹とも書く。宣化天皇(せんかてんのう)の皇子上殖葉(かむえは)王の孫多治比古(たじひこ)王の後裔(こうえい)。この王の誕生のとき、産湯に多治比(虎杖(いたどり))の花が飛来したので多治比古王と名づけ、子孫も多治比を氏としたと伝えるが、おそらくは河内国(かわちのくに)(大阪府)丹比(たじひ)郡の地名を負ったのであろう。初め公(きみ)(君)姓、684年(天武天皇13)真人(まひと)姓。天武(てんむ)・持統(じとう)・文武(もんむ)朝に歴仕した嶋(しま)が左大臣に昇進して大いに栄え、その子池守(いけもり)、県守(あがたもり)、広成(ひろなり)、広足(ひろたり)らも大(だい)・中納言(ちゅうなごん)に任じ、奈良中期までは一流貴族の地位を確保したが、その後は藤原氏繁栄の前にしだいに影が薄くなり、平安初期を境に、やがて中央政界から消えていく。武蔵七党(むさししちとう)の一つ丹党(たんとう)は、その子孫の武士化したものである。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone