コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井[町] おおい

百科事典マイペディアの解説

大井[町]【おおい】

埼玉県南部,武蔵野台地北東部を占める入間(いるま)郡の旧町。中心市街は川越街道宿駅として発達。野菜を産する畑作地帯であったが,工場や住宅が増加している。2005年10月,上福岡市と合併し市制ふじみ野市となる。

大井[町]【おおい】

神奈川県西部,足柄上(あしがらかみ)郡の町。酒匂(さかわ)川沖積地と大磯丘陵の西端部に広がり,米作ミカン栽培が盛ん。酒,醤油など醸造業も行う。1968年,第一生命が大井本社を建設後,発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおい【大井[町]】

埼玉県南部,入間郡の町。人口3万9604(1995)。武蔵野台地の北東部に位置し,川越市の南に接する。町の東端にある大井は,江戸時代は川越街道の宿場町で馬6匹を常備し,本陣もあった。かつては畑や雑木林が多く,麦,サツマイモを産し,ほうき作りなどを行っていたが,1960年代に入って,日清製粉や東亜燃料(現・東燃)の中央研究所,日本楽器の工場などが進出し,住宅団地も建設されて都市化が進んだ。人口増加が最も激しかったのは70年代前半で,70‐75年の人口増加率は63%に達した。

おおい【大井[町]】

神奈川県中西部,足柄上郡の町。人口1万5599(1995)。小田原市の北に接し,西部は足柄平野,東部は大磯丘陵の北西端を占める。町名中世大井荘にちなむ。かつては丘陵地のミカンと低地の米作が中心の農村であったが,1960年ころから工場が進出し,60年代中ごろから人口が増加した。68年には東名高速道路大井松田インターチェンジ付近の丘陵に第一生命本社が移転し,10haにのぼる社員住宅地をはじめ,ショッピングセンター,医療施設なども含めた町づくりを行って,注目された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大井[町]の関連キーワードふじみ野市上福岡市酒匂川酒匂