コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚遺跡 おおつかいせき

1件 の用語解説(大塚遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおつかいせき【大塚遺跡】

横浜市港北区中川町,牛久保町にまたがり,早淵川中流左岸の標高約50mの台地上に位置した弥生時代中期の集落跡。港北ニュータウンの開発計画にともなって1973年から3ヵ年の歳月を要して全域を発掘した。集落は,断面がV字形をした溝でとり囲まれ,その平面規模は長軸200m,最大幅130mの変形楕円形で,なかに竪穴住居跡が97基発見されて環濠集落の全容が明らかとなった。住居跡の基本的な形は隅丸長方形か小判形で,主柱4本からなるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塚遺跡の関連情報