コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大月[市] おおつき

百科事典マイペディアの解説

大月[市]【おおつき】

山梨県東部の市。1954年市制。大部分は秩父山地によって占められ,南部を桂川が東流。中心市街は郡内地方の一中心で,古くから甲斐絹(かいき)を産し,合成繊維工業も盛んであったが,減少している。
→関連項目郡内騒動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおつき【大月[市]】

山梨県東部にある市。1954年大月町,笹子村,初狩村,賑岡(にぎおか)村,七保(ななほ)町,猿橋町,梁川(やながわ)村が合体して市制。人口3万5199(1995)。中心市街は江戸時代,笹子川沿いの甲州道中富士吉田に通じる桂川沿いの富士道中との分岐点で,夏には富士講の往来も多い宿場として栄えた。1902年甲武鉄道(JR中央線),29年に富士急行が通じ,中央自動車道の甲府方面と河口湖方面への分岐点ともなって現在も交通の要衝をなしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大月[市]の関連キーワード笹子トンネル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android