コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大月[市] おおつき

2件 の用語解説(大月[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大月[市]【おおつき】

山梨県東部の市。1954年市制。大部分は秩父山地によって占められ,南部を桂川が東流。中心市街は郡内地方の一中心で,古くから甲斐絹(かいき)を産し,合成繊維工業も盛んであったが,減少している。
→関連項目郡内騒動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおつき【大月[市]】

山梨県東部にある市。1954年大月町,笹子村,初狩村,賑岡(にぎおか)村,七保(ななほ)町,猿橋町,梁川(やながわ)村が合体して市制。人口3万5199(1995)。中心市街は江戸時代笹子川沿いの甲州道中富士吉田に通じる桂川沿いの富士道中との分岐点で,夏には富士講の往来も多い宿場として栄えた。1902年甲武鉄道(JR中央線),29年に富士急行が通じ,中央自動車道の甲府方面と河口湖方面への分岐点ともなって現在も交通の要衝をなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大月[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone