(読み)イモ

  • ▽妹
  • いむ
  • いもうと
  • いもと
  • いもひと
  • まい
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

男が女を親しんでいう語。主として妻・恋人をさす。⇔兄(せ)
「秋さらば見つつ偲(しの)へと―が殖ゑし屋前(やど)の石竹(なでしこ)咲きにけるかも」〈・四六四〉
男の側から姉または妹をよぶ語。⇔兄(せ)
「言問はぬ木すら―と兄(せ)とありといふをただ独(ひと)り子にあるが苦しさ」〈・一〇〇七〉
女どうしが友人や妹を親しんでいう語。
「風高く辺(へ)には吹けども―がため袖さへ濡(ぬ)れて刈れる玉藻ぞ」〈・七八二〉
《「いもひと(妹人)」の音変化》
きょうだいのうちの年下の女。⇔
《「義妹」とも書く》夫や妻の妹。また、弟の妻。義妹(ぎまい)。
古く、男からみて、その姉妹を呼ぶ語。妹、または姉。⇔兄人(しょうと)
「―の君の事もくはしく問ひ給ふ」〈帚木
[音]マイ(呉) [訓]いもうと いも
学習漢字]2年
いもうと。「義妹愚妹姉妹実妹従妹弟妹令妹
[難読]従姉妹(いとこ)妹背(いもせ)妹兄(いもせ)兄妹(きょうだい)十姉妹(じゅうしまつ)吾妹(わぎも)
いも(妹)」の音変化。
「旅とへど真旅になりぬ家の―が着せし衣に垢(あか)付きにかり」〈・四三八八〉
いもうと」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

男性から見て、同腹の女のきょうだいをいう語。年上にも年下にもいう。 ⇔ 言問はぬ木すら-と兄ありといふをただ独り子にあるが苦しさ/万葉集 1007
男性が自分の恋人や妻をいう語。 ⇔ 旅にあれど夜は火灯し居る我われを闇にや-が恋ひつつあるらむ/万葉集 3669
一般に、女性を親しんで呼ぶ称。女性からもいう。 ⇔ 風高く辺には吹けども-がため袖さへぬれて刈れる玉藻そ/万葉集 782
いもひとの転
同じ親から生まれた年下の女。 ⇔
弟の妻。あるいは夫や妻の妹。義妹。
男が同腹の女のきょうだいをいう語。姉にも用いた。いも。 -の君=姉ノ空蟬の事も、くはしく問ひ聞き給ふ/源氏 帚木
「いもうと」の転。 兵衛佐殿-奥波賀の夜叉御前/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「いも(妹)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三二一「かしこきや命(みこと)(かが)ふり明日(あす)ゆりや草(かえ)が共(むた)寝む伊牟(イム)なしにして」
〘名〙
① 男性の側から、同腹の姉妹を呼ぶ語。年齢の上下に関係なく、姉をも妹をも呼ぶ。いもこ。⇔兄(せ)
※古事記(712)上「次に成れる神の名は、宇比地邇(うひぢにのかみ)、次に妹(いも)須比智邇(すひぢにのかみ)
② 男性から結婚の対象となる女性、または、結婚をした相手の女性をさす称。恋人。妻。⇔兄(せ)
※古事記(712)上「是に其の妹(いも)伊邪那美命を相ひ見むと欲して、黄泉国(よみのくに)に追ひ往く」
※古今(905‐914)恋一・四八五「かりごもの思ひ乱れて我恋ふといも知るらめや人し告げずは〈よみ人しらず〉」
③ 年ごろの若い娘。お嬢さん。娘さん。
※古事記(712)中・歌謡「本辺(もとへ)は 君を思ひ出 末辺(すゑへ)は 伊毛(イモ)を思ひ出」
④ 女性が同性の友人や自分のいもうとなど親しい女性をさしていう。あなた。
※万葉(8C後)四・七八二「風高く辺には吹けども妹(いも)がため袖さへ濡れて刈れる玉藻そ」
[語誌](1)「いも」という語形は、おそらく、母の「おも」、女の「め」などと関係があり、近親の女性を指したのが原義であろう。
(2)平安時代以後、「いもうと」という語の成立にともなって「いも」は歌語化した。「源氏物語」では、歌またはその引用文にしかあらわれない。「日葡辞書」でも詩歌語とされている。→いもうとおも
〘名〙 (「いもひと(妹)」の変化した語)
① 男性の側から、姉妹を呼ぶ語。古くは年齢の上下に関らず姉をも呼んだが、のち、年下の女きょうだいだけに限られるようになった。いも。いもと。⇔兄人(しょうと)
※伊勢物語(10C前)四九「昔、男、いもうとのいとをかしげなりけるを見をりて」
② (兄妹になぞらえて) 男の側から、親しい女性をさしていう。いも。
※枕(10C終)八二「このいもうと、せうとといふことは、上(うへ)までみな知ろしめし、殿上にも、司(つかさ)の名をば言はで、せうととぞつけられたる」
③ 女のきょうだいのうち、年下のほう。⇔。〔十巻本和抄(934頃)〕
④ 妻や夫の妹、弟の妻など。義妹。
[語誌](1)平安時代に成立した語。「せうと(しょうと)」と対をなして用いられた。妻や恋人は指さないが、異腹の姉妹を指すところが上代の「いも」と異なる。
(2)平安時代には男性側が使う言葉であり、女性が自分の年下の女きょうだいを指して用いた例は見あたらない。
(3)「おとうと」と男女別の対をなすようになるのは中世以後である。→いもせうと
(4)一般的に、「妹」「弟」のような年下の方を表わす語は年上からの呼びかけとしては使わない。名前、あるいはあだ名のようなもので呼ぶのが普通である。逆に、兄弟姉妹の年下は年上に対して、名前そのもので呼びかけはせず、「兄さん」「姉さん」あるいはそれに準じた呼び方、またはあだ名のようなもので呼ぶことが多い。
〘名〙 「いもうと(妹)」の変化した語。
※書紀(720)履中即位前(図書寮本訓)「己が妹(イモト)(ひ)之媛(ひめ)を献る」
※史記抄(1477)一一「嫂はあによめ、妹はいもと、妻はめ、妾は下女ぞ」
〘名〙 「いも(妹)」の変化した語。
※万葉(8C後)二〇・四三八八「旅とへど真旅になりぬ家の母(モ)が着せし衣に垢つきにかり」
〘名〙 =いもうと(妹)新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妹の関連情報