始(漢字)

普及版 字通「始(漢字)」の解説


常用漢字 8画

[字音]
[字訓] はじめ・はじめる・はじまる

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
字の初形はに作る。以は初形(し)、耜(し)の初文。〔説文〕十二下に「女の初なり」とし、台(たい)声とするが、声が異なる。台は厶(し)(・耜(すき))を、祝を収める器(さい)の前におく形で、耜を清める儀礼をいう。その儀礼に女子があずかるのは、農耕儀礼と生子儀礼との相関を示すものであろう。農耕の開にあたって耜を清める儀礼があり、それがまた生子儀礼としても用いられて、始生・初生の意となる。

[訓義]
1. はじめ。農耕の始めの儀礼として、農具を清める。はじめる、はじまる。
2. はじめに、はじめて。
3. すべてことのはじめ、ときのはじめをいう。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕始 ハジメ・セム・ミチ 〔字鏡集〕始 セム・ハジメ・ウム・ハジム・イマシ・ミチ

[語系]
始sji、才dzは声近く、はじめの意があり、また似ziには始めをつぐ意がある。

[熟語]
始冠始願・始基始業・始・始元・始原・始古・始作・始室・始終・始秋・始春・始初・始節始祖・始創・始卒・始年始望始末・始立始梁
[下接語]
開始・懐始・起始・建始・元始・原始・古始・更始・四始・資始・終始・正始・創始・太始・肇始・二始・年始・反始・本始・無始・有始

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android