コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍頼時 あべのよりとき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安倍頼時
あべのよりとき

[生]?
[没]天喜5(1057).7.26. 陸奥,鳥海柵
平安時代中期の奥州俘囚 (ふしゅう) の長。陸奥大掾忠良の子。初名は頼良,通称安大夫。安倍氏は神武天皇東征のとき,これに抵抗した長髄彦 (ながすねひこ) の兄安日 (あび) が摂津国から陸奥に逃れて土着したのに始ると伝えられるが,本来は蝦夷酋長の子孫であろう。安倍姓も現地の豪帥として賜姓されたものであろう。頼時は祖父忠頼が俘囚の長として,陸奥国衙行政の現地支配権を握ったあとをうけて,胆沢 (いざわ) ,江刺,和賀,稗貫 (ひえぬき) ,紫波,岩手の奥6郡の司となり,その勢力をもって,衣川に関を設け,租賦を納めず,朝命に服さず,自立の傾向を強めた。永承6 (1051) 年,これを討とうとした陸奥守藤原登任 (なりとう) らが敗れると,源頼義が陸奥守に起用され,頼時追討にあたった。頼時は一時帰順し,名も頼義との同訓をはばかって頼良から頼時に改めた。しかし天喜4 (56) 年,頼義が頼時の子貞任を逮捕しようとした事件を契機に,両者の関係は再び悪化し,戦いが再開された。翌5年,頼時は貞任とともに衣川に戦い,流れ矢に当って鳥海柵 (ちょうかいのき) で戦死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安倍頼時【あべのよりとき】

平安中期の陸奥国の豪族。初め頼良と称した。父は忠良。父祖忠頼以来奥六郡(現岩手県中央部)の郡司として蝦夷を統率,1051年陸奥守藤原登任(たかとう)らの軍勢と戦い勝利を収めた。
→関連項目清原家衡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍頼時 あべの-よりとき

?-1057 平安時代中期の豪族。
安倍貞任(さだとう)・宗任(むねとう)の父。父祖以来,陸奥(むつ)六郡(岩手県)の俘囚(ふしゅう)の長として陸奥を支配。征討にきた陸奥守藤原登任(なりとう)をやぶる。後任の源頼義に一時帰順したが,ふたたびたたかい(前九年の役),天喜(てんぎ)5年7月26日戦死。初名は頼良。通称は安大夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安倍頼時

没年:天喜5(1057)
生年:生年不詳
平安中期の東北地方の豪族。「俘囚長」。初名は頼良。陸奥大掾忠良の子。父祖の後を継ぎ奥六郡(岩手県)を支配し国司と対立,永承6(1051)年に陸奥守藤原登任,秋田城介平重成と鬼切部(宮城県鳴子町鬼首)で戦い勝った(前九年の役始まる)。そこで朝廷が後任の守として派遣した源頼義にはいったんは帰順し,たまたま名が同訓であったのをはばかって頼時と改名もしたが,その後,子の貞任が陸奥権守藤原説貞の子を襲撃したことで,天喜4(1056)年頼義と戦うことになった。翌年,頼義が味方に引き入れようとした「俘囚」を慰留するため奥地に赴いた際,流れ矢に当たり,それがもとで間もなく鳥海柵(岩手県金ケ崎町)で死んだ。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あべのよりとき【安倍頼時】

?‐1057(天喜5)
平安中期の陸奥国の豪族。父は忠良。はじめ頼良といったが,陸奥守源頼義の名と同じであることをはばかって,頼時と改名した。父祖以来〈奥六郡の司〉(岩手県中央部の胆沢,江刺,和賀,稗貫,紫波,岩手の6郡の郡司)として蝦夷を統率する地位にあった。早くから陸奥国司と対立し,永承年間(1046‐53)には陸奥守藤原登任(たかとう),秋田城介平重成の連合軍と鬼切部(おにきりべ)(宮城県鳴子町鬼首(おにこうべ))において戦い,勝利を収めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あべのよりとき【安倍頼時】

?~1057) 平安中期の陸奥むつの豪族。父祖以来奥羽六郡の俘囚ふしゆうの長として勢力を伸長。衣川以南に進出したため前九年の役を引き起こし、子の貞任・宗任らとともに源頼義・義家と戦ったが、鳥海柵とりみのさくで戦死した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安倍頼時
あべのよりとき
(?―1057)

平安後期、奥羽の武将。俘囚長(ふしゅうちょう)。奥六郡の司。忠頼(ただより)の孫、忠良(ただよし)の子。初名頼良。奥六郡に編成された俘囚たちは、古代蝦夷(えぞ)の抵抗の伝統を、心の奥深く伝えた人たちである。彼はこの使命感のもと、北に「俘囚の国」を独立させるべく、前九年の役(1051~1062)に立ち上がった。古代から中世への転換を、北の辺境から呼びかける大戦であった。鬼切部(おにきりべ)(宮城県大崎(おおさき)市鳴子温泉鬼首(なるこおんせんおにこうべ))の会戦では陸奥守(むつのかみ)藤原登任(なりとう)に大勝したが、北の与党安倍富忠(とみただ)が、源頼義(よりよし)の勧誘に応じて離反したとき、これを鎮めるため出兵、負傷、鳥海柵(とりうみのき)に没した。[高橋富雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安倍頼時の言及

【前九年の役】より

…ところが同年権守藤原説貞(ときさだ)の子光貞・元貞の人馬が何者かによって殺傷される事件がおこり,源頼義がこれを頼時の子安倍貞任のしわざと見て罰しようとしたため,頼時は貞任をかばって反乱を起こすにいたった。翌57年7月安倍頼時は鳥海柵(岩手県金ヶ崎町)で戦死したが,その後は貞任が一族を率いて戦い,同年11月の黄海(きのみ)(岩手県東磐井郡)の戦では大勝を得るという勢いだった。この戦況を転回させる契機になったのが,出羽国の俘囚長清原武則の参戦である。…

【源頼義】より

…1051年(永承6)陸奥守,53年(天喜1)鎮守府将軍を兼ねる。当時陸奥に勢力をふるい代々の国司に反抗していた安倍頼時は頼義の着任と同時に帰順,しかし頼義の任期が満ちると56年,両者の間に争いが起こった。そのため朝廷は頼義に安倍氏追討を命じ陸奥守に再任。…

※「安倍頼時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安倍頼時の関連キーワード藤原氏(奥州藤原氏)阿倍・安倍大国魂神社後三年の役藤原清衡母藤原清衡安倍宗任清原武則安倍貞任清原武貞宇都宮氏安倍則任高橋富雄陸奥話記衣川柵厨川柵衣川館束稲山黒沢尻さく