コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動院 ふどういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動院
ふどういん

広島市東区牛田新町にある真言宗の寺。新日山安国寺と号す。行基菩薩が天平2 (730) 年に建てた蓮華王寺の跡を,足利尊氏安芸の安国寺として再興国宝金堂室町時代の建築で本尊薬師如来鐘楼に朝鮮式の鐘がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

不動院【ふどういん】

広島市にある広島県真言宗教団の寺。創建年は不詳だが,本尊薬師如来像は藤原期のもの。南北朝期に安芸(あき)国安国(あんこく)寺(安国寺・利生塔)に当てられ,臨済宗になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふどういん【不動院】

広島市牛田町にある真言宗御室派の寺。行基の建てた蓮華王寺の跡に足利尊氏が再興し、のち福島正則が保護した。金堂は室町時代の建築。新日山安国寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動院
ふどういん

広島市東区牛田新町にある寺。広島県真言宗教団に属する。新山(にいやま)安国寺(あんこくじ)と号する。本尊は薬師如来(やくしにょらい)。開創は平安時代にさかのぼり、開基は空窓と伝えるが不詳。南北朝期に足利尊氏(あしかがたかうじ)が諸国に安国寺を設けたとき、当寺を臨済宗に改めて安芸(あき)国安国寺としたといわれる。その後荒廃したが、大永(たいえい)年間(1521~28)、安芸武田氏から出た安国寺恵瓊(えけい)が中興。恵瓊は毛利輝元(もうりてるもと)の信任を得るとともに、豊臣(とよとみ)秀吉にも評価が高く、1591年(天正19)には秀吉から1万1500石余の寺領を受けた。文禄(ぶんろく)の役(1592)では朝鮮にも従軍し、そこから持ち帰った材木で楼門(国重要文化財)を建造した。また高麗(こうらい)初期作の朝鮮鐘(国重要文化財)もそのときの将来品と伝える。恵瓊は関ヶ原の戦いで西軍に味方して処刑され、1601年(慶長6)に安国寺に入った宥珍(ゆうちん)の代に真言宗に改宗、不動院とよばれるようになった。金堂(国宝)は周防(すおう)山口にあった大内義隆(よしたか)建立の仏殿を移したものと伝える禅宗様建築である。平安期作の本尊薬師如来坐像(ざぞう)、室町期建立の鐘楼がともに国重要文化財となっている。[水谷 類]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

不動院の関連キーワード鳥取県八頭郡若桜町岩屋堂広島県広島市東区牛田新町奈良県大和高田市本郷町秋田県秋田市八橋本町つくばみらい(市)三重県松阪市大石町千葉県山武市成東国泰寺(広島市)広島県広島市東区つくばみらい市大和高田(市)神奈川県川崎市松阪(市)広島(市)若桜(町)安国寺恵瓊古岳幽真大内義隆江戸崎若桜町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不動院の関連情報