コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安塚[町] やすづか

百科事典マイペディアの解説

安塚[町]【やすづか】

新潟県南西部,東頸城(ひがしくびき)郡の旧町。東頸城丘陵にあり,保倉川の支流小黒川が北流。県下有数の豪雪地帯で,傾斜地の棚田による米作を主とする。黄柏(おうばく)エキスを原料とする百草丹を特産。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすづか【安塚[町]】

新潟県南部,東頸城(ひがしくびき)郡の町。人口4176(1995)。菱ヶ岳を隔てて長野県に接する。東頸城丘陵の南に位置し,町域の中心を保倉川の支流小黒川が流れる。中心集落の安塚は南北朝時代に上杉氏に敗れた風間信濃守の直峰城跡があり,戦国時代,江戸時代を通じて交通の要衝でもあった。明治以降は郡役所が置かれ,東頸城郡の中心地となり,現在も国や県の出先機関が多い。豪雪地帯にあり,昭和30年代以降人口減少が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報