安然・晏然(読み)あんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙 =あんじょ(晏如)
※本朝文粋(1060頃)七・送大江以言状長保〈藤原行成〉「面謁相隔。思如三秋。炎気已過。惟居子起居晏然」
※米沢本沙石集(1283)一〇末「別の奇特なく、安然(アンセン)として化す」 〔荀子‐議兵〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android