コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒瀬 くろせ

5件 の用語解説(黒瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒瀬
くろせ

広島県中南部,東広島市南西部の旧町域。 1954年上黒瀬村,中黒瀬村,下黒瀬村,乃美尾村の4村が合体して町制。 1955年板城村の一部を編入。 2005年東広島市に編入。かつて黒瀬川に沿う農村であったが,1984年広島中央テクノポリスに指定されてから工場や住宅が進出,変容が著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

黒瀬

鹿児島県熊毛郡南種子町種子島に属する無人島。2009年に政府の総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づき、名称付与された離島のひとつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くろせ【黒瀬】

広島県南部、東広島市の地名。中央を黒瀬川が流れ、農業が主。近年、住宅地化。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒瀬
くろせ

広島県南部、賀茂(かも)郡にあった旧町名(黒瀬町(ちょう))。現在は東広島(ひがしひろしま)市の一地区。旧黒瀬町は1954年(昭和29)上黒瀬、中黒瀬、下黒瀬、乃美尾(のみのお)の4村が合併して成立。2005年(平成17)東広島市に編入。国道375号が通じる。山地に囲まれた小盆地にあり、中央を黒瀬川が南流する。農業が主で、米作のほか野菜栽培、養鶏、肉用牛の飼育なども行われる。南西は呉(くれ)市に接し、ベッドタウンでもある。1984年に、広島中央テクノポリス(技術集積都市)の一部に指定されてから工場の進出が増加、黒瀬工業団地も造成されている。1998年広島国際大学が開学した。[北川建次]
『『黒瀬町史』全2巻(2003、2004・黒瀬町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒瀬の言及

【八百津[町]】より

…南部を西流する木曾川の低地と,木曾山脈に連なる標高500m前後の山地から成る。中心集落黒瀬は中世末期以来木曾川最奥の河港として栄え,その対岸の錦織(にしこおり)には近世初期に綱場が設置され,上流からの木曾材がここでいかだに組まれて川下げされた。明治中期以降舟運は衰え,大正期には製糸業が栄えた。…

※「黒瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒瀬の関連情報