コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野寒布岬 のしゃっぷみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野寒布岬
のしゃっぷみさき

北海道北部,宗谷海峡に突出した岬。稚内市に属し,宗谷湾をへだてて東方の宗谷岬と相対する。日本第2位の高さ (42.7m) をもつ岬灯台,その近くに寒流水族館,青少年科学館がある。晴天の日には利尻礼文両島と,樺太 (サハリン) を望見できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のしゃっぷ‐みさき【野寒布岬】

北海道北端部にある岬。東にある宗谷岬とともに宗谷海峡に面する。海岸段丘が発達し、先端に灯台がある。のさっぷみさき。納沙布(のさっぷ)岬とは別。
[補説]名は、アイヌ語「ノシャップ(下あご)」、「ノッサム(岬のほとり)」からなどの説がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野寒布岬【のしゃっぷみさき】

北海道の北端近く,稚内(わっかない)市街北方にある岬。低い海岸低地で,背後に高さ30m前後の段丘が発達,段丘面上に光達距離18カイリの稚内灯台がある。付近ではコンブ採取が行われる。
→関連項目稚内[市]稚内[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のしゃっぷみさき【野寒布岬】

北海道北端部,稚内市にある岬。東は宗谷岬と相対して宗谷湾を抱く。第三系中新統の硬質ケツ岩,泥炭などで構成される稚内層からなり,周囲は標高3m以下の海食台がとりまき,さらに海岸線から幅500mの範囲に水深4mの海食台がとりかこんでいる。先端部の海辺に高さ40mの灯台がある。夏季は海霧が発生しやすいため霧信号所も置かれている。近くにノシャップ寒流水族館があり,背後の段丘上に自衛隊のレーダー基地がある。【岡本 次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕野寒布岬(のしゃっぷみさき)


北海道北部、稚内(わっかない)市北西端の岬。北は宗谷(そうや)海峡を隔ててサハリン(樺太(からふと))に対し、西に礼文(れぶん)島・利尻(りしり)島を望む。稚内灯台がある。岬一帯はノシャップ公園で、寒流水族館・にしん資料館・青少年科学館などがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野寒布岬
のしゃっぷみさき

北海道北端部、稚内(わっかない)市にある岬。宗谷(そうや)湾を隔てて宗谷岬と相対している。第三紀中新統の硬質頁(けつ)岩、泥岩などで構成される稚内層からなり、三段の明瞭(めいりょう)な海岸段丘が発達し、標高3メートル以下の海食台が続いている。海面下には水深4メートルの波食棚が沖合い500メートルまで広がって磯(いそ)浜となっている。先端部に高さ42.7メートルの灯台のほか、ノシャップ寒流水族館と青少年科学館があり、背後の段丘上に自衛隊のレーダー基地がある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野寒布岬の関連キーワード稚内(市)岡本次郎海峡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野寒布岬の関連情報