実以て(読み)ジツモッテ

デジタル大辞泉 「実以て」の意味・読み・例文・類語

じつ‐もって【実以て】

[副]物事程度を強調する語。実に。まったく。
「世の中は―不思議なもので御座りますよ」〈木下尚江良人の自白
[類語]全く実に本当にまことに何とも本に真にまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android