本当(読み)ほんとう

精選版 日本国語大辞典「本当」の解説

ほん‐とう ‥タウ【本当・本統トウ

〘名〙 (形動)
① 偽りでなく事実・真実であること。見せかけでなく実際であること。また、そのさま。ほんと。
※談義本・山家一休(1770)二「まだしぶいとてすて、ほんとうにいろむまでにはくいさしにしてすてる柿が数もかぎりもなき事也」
② もともとの筋道であること。本来。また、あるべき姿であること。まったくそのものであること。実物そのものであること。また、そのさま。ほんと。本途。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)下「世の中をあきらめ、ほんとうの人となり」
③ 事実がはなはだしいこと。また、そのさま。心底。しんから。まったく。ほんと。
※高野聖(1900)〈泉鏡花〉二二「貴僧は真個(ホンタウ)にお優しい」

ほん‐と【本当】

〘名〙 (形動)(「ほんとう(本当)」の変化した語)
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉六「いかにほんとらしく申せばとて」
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉一二「だって君は体がほんとで無いっていふんぢゃあないか」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「真個(ホント)に教育のないといふ者は仕様のないもんですネー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本当」の解説

ほん‐とう〔‐タウ〕【本当】

[名・形動]
偽りや見せかけでなく、実際にそうであること。また、そのさま。ほんと。「一見難しそうだが本当は易しい」「うわさは本当だ」
本物であること。正しい姿であること。ほんと。「本当の絹を使ったブラウス」「彼こそ本当の英雄だ」
本来の筋道であること。もともとの状態であること。また、そのさま。本途。ほんと。「からだがまだ本当でない」「本当なら先に行くところだ」
(「本当に」の形で)はなはだしいこと、また心からそう思ったり感じたりしている気持ちを表す。ほんと。「本当に惜しいことをした」「本当にありがとう」
[類語](1しん真実真個真正正真しょうしん正真正銘じつ如実事情実態実況実相得体現実現実的事実実際実際的真相実地現に臨場感リアル有りのまま有りようまこと/(2)(3本物実物本式本格正規正式本来/(4まことにじつしんまったくまさにまさしくひとえにせつげにげんほとほとすっかりつくづくうんざり全く以てなんとも実以て本に真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにもげんなりこりごり食傷へきえき閉口まっぴらい加減果てしない限りない

ほん‐と【本当】

[名・形動]ほんとう」の音変化。「うそじゃない、本当だよ」「あいつは本当に天才だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android