真に(読み)シンニ

大辞林 第三版の解説

しんに【真に】

( 副 )
ほんとうに。まことに。 「 -すぐれた人格」 「 -然うだね、もう罷した方が宜い/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐に【真に】

〘副〙 (「しん(真)」に助詞「に」の付いてできたもの) 本当に。まことに。また、真剣に。本気で。
ささめごと(1463‐64頃)下「真観無生、究竟持戒也といへり」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「真(シン)に嬉しひヨ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真にの関連情報