如何にも(読み)いかにも

精選版 日本国語大辞典「如何にも」の解説

いかに【如何に】 も

(副詞「いかに」に助詞「も」の付いたもの)
① 状態、手段などを限定せず、考えられる範囲のどれを選択しても可であるという認識を表わす。「いかにもあれ」「いかにもして」「いかにもなる」などの連語的表現になることもある。どうであろうと。どのようにも。どうでも。
※源氏(1001‐14頃)宿木「の中求めむよりは荒し果つまじく思ひ侍るを、いかにも、さるべきさまになさせ給はば、おろかならずなむ」
② (多く、あとに意志・希望系の助動詞等を伴って) 考えられるだけの手段を尽くして目的を達成しようというを表わす。何とかして。どうしても。なるたけ。ぜひ。
※和泉式部日記(11C前)「なほいと苦しうこそ、いかにもありて御覧ぜさせまほしうこそ」
③ (あとに否定の意味の表現を伴って) どのようなやり方でもそれを行なおうとしない意を表わす。どうにも。なんとしても。少しも。ちっとも。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「今はじめていかにも物を思ひ侍らず」
※古今著聞集(1254)二〇「ただいかにも鳥をとらざりけり」
④ 程度、状態のはなはだしいことを確かにそうであると確認している意を表わす。強く肯定して、強めていう。どうみても。まことに。まったく。おおいに。
※宇治拾遺(1221頃)一「いかにも山の中に只ひとりゐたるに」
※御伽草子・一寸法師(室町末)「極楽浄土のいぬゐの、いかにも暗き所へ」
⑤ (感動詞のように用いて) 相手のことばをうけ、肯定、同意する応答のことば。たしかに。なるほど。まさしく。その通りだ。
※虎寛本狂言・宗論(室町末‐近世初)「いかにも、こなたの事で御座る」
[語誌](1)元来、さまざまな選択範囲を想定して、その中のどれかを選択する意を表わしていたと考えられる。それが①のような「放任」の用法と結びつくと、「どれでも可」という意味あいが強くなり、②のような「意志」の用法と結びつくと「どれかを選択して」という意味あいが強くなり、③のような「否定」と結びつくと「どれも選択しない」という意味あいが強くなる。
(2)④⑤の用法は、選択しようとしてもその余地がなく、確認・肯定的な場合が発達したものと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「如何にも」の解説

いかに‐も【如何にも】

[連語]《「も」は係助詞》
程度・状態のはなはだしいことを表す。どう考えても。全く。実に。「如何にも残念そうだ」
相手の考えを強く肯定する意を表す。なるほど。確かに。「如何にも、おっしゃるとおりです」「如何にも、私が本人です」
まさしく。さも。「如何にも君らしい」「如何にも本物らしくみえる」
(あとに打消しの語を伴って)どうしても。けっして。
「東国北国のいくさ―しづまらず」〈平家・七〉
困難であるが実現させたいという気持ちを表す。なんとかして。ぜひ。
「―大事を残さず伝へて平家を討たん」〈謡・鞍馬天狗
状態・手段などを特に限定せず、漠然と認める気持ちを表す。どのようにでも。
「ただ―のたまはするままに」〈和泉式部日記
(「いかにもなる」の形で)死ぬことの遠回しな言い方。
「われ―なりなん後は」〈平家・六〉
[類語]本に本当まことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例