実に(読み)ゲニ

デジタル大辞泉の解説

げ‐に【実に】

[副]《「げん(現)に」の音変化という》
ある事柄に対する自分の評価・判断を肯定して、さらに強調する気持ちを表す。本当に。実に。全く。
「―恋こそはまことのいのちである」〈倉田愛と認識との出発
他人の評価・判断に接して、納得し、賛同する気持ちを表す。なるほど。いかにも。
「ひまなき御前渡りに、人の御心をつくし給ふも―ことわりと見えたり」〈桐壺

じつ‐に【実に】

[副]
感嘆の意をこめて、ある状態の程度のはなはだしいさまを表す。全く。本当に。まことに。「この料理は実にうまい」
強調、または驚嘆すべきことを述べるときに用いる。なんと。「この工事は実に一〇年の歳月を費やした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げに【実に】

( 副 )
〔「現に」の転という〕
ある事柄に対して共感したり納得したりする気持ちを表す。じつに。全く。 「 -恐ろしきは人の怨念」 「秋の日は佳く晴れて、-小春こはるの天気/小春 独歩
確かに予想や評判のとおりであるとうなずく気持ちを表す語。なるほど。本当に。 「 -おかしき所かなと思ひつつ/更級」 → げにはげにもげにや
[句項目] げには げにも げにや

じつに【実に】

( 副 )
程度のはなはだしいさまを、感嘆や強調の気持ちを込めて言う語。本当に。まことに。 「彼は-字がうまい」 「 -面白い」 「完成までには-二十有余年の歳月を要した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐に【実に】

〘副〙 (「現に」の変化した語かという)
① 予告や評判どおりの事態に接したときの、思いあたった気持を表わす。なるほど。聞いていた通り。
※竹取(9C末‐10C初)「げにただ人にはあらざりけり」
② 他人の意見・態度を肯定するときの、納得した気持を表わす。いかにも。おっしゃる通り。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「げに、さもいはれたる事なれど、なでふ人か、かかる住ひにて世には経ん」
③ 自分の感情・判断が誇張や嘘のものでないことを示すときの、いつわらない気持を表わす。本当に。言葉通り。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「物おもふたまへしらぬ心地にも、げにこそ、いとしのびがたう侍けれとて」

じつ‐に【実に】

〘副〙
① 仮定や想像でなく、確実である、また、事実であるさまを表わす語。実際に。
正法眼蔵(1231‐53)心不可得「婆子そのとき徳山を杜口せしむとも、実にその人なること、いまださだめがたし」
② 感嘆の気持をこめて程度のはなはだしさを表わす語。まことに。非常に。
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「半残は実に手だれ也」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「どうも咽(む)せぽくて実に弱った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実にの関連情報