実に(読み)げに

精選版 日本国語大辞典「実に」の解説

げ‐に【実に】

〙 (「現に」の変化した語かという)
① 予告や評判どおりの事態に接したときの、思いあたった気持を表わす。なるほど。聞いていた通り。
※竹取(9C末‐10C初)「げにただ人にはあらざりけり」
② 他人の意見・態度を肯定するときの、納得した気持を表わす。いかにも。おっしゃる通り。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「げに、さもいはれたる事なれど、なでふ人か、かかる住ひにて世には経ん」
③ 自分の感情・判断が誇張や嘘のものでないことを示すときの、いつわらない気持を表わす。本当に。言葉通り。
源氏(1001‐14頃)桐壺「物おもふたまへしらぬ心地にも、げにこそ、いとしのびがたう侍けれとて」

じつ‐に【実に】

〘副〙
① 仮定や想像でなく、確実である、また、事実であるさまを表わす語。実際に。
※正法眼蔵(1231‐53)心不可得「婆子そのとき徳山を杜口せしむとも、実にその人なること、いまださだめがたし」
② 感嘆の気持をこめて程度のはなはだしさを表わす語。まことに。非常に。
俳諧去来抄(1702‐04)同門評「半残は実に手だれ也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「どうも咽(む)せぽくて実に弱った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実に」の解説

げ‐に【実に】

[副]《「げん(現)に」の音変化という》
ある事柄に対する自分の評価・判断を肯定して、さらに強調する気持ちを表す。本当に。実に。全く。
「―恋こそはまことのいのちである」〈倉田愛と認識との出発
他人の評価・判断に接して、納得し、賛同する気持ちを表す。なるほど。いかにも。
「ひまなき御前渡りに、人の御心をつくし給ふも―ことわりと見えたり」〈・桐壺〉
[類語]本当にまことにじつしんまったくまさにまさしくひとえにせつげんほとほとすっかりつくづくうんざりまったく以てまったくの所なんとも実以てげんなりこりごり食傷辟易へきえき閉口まっぴらいい加減果てしない限りない本に真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにも

じつ‐に【実に】

[副]
感嘆の意をこめて、ある状態の程度のはなはだしいさまを表す。全く。本当に。まことに。「この料理は実にうまい」
強調、または驚嘆すべきことを述べるときに用いる。なんと。「この工事は実に一〇年の歳月を費やした」
[類語]本当にまことにまさにまさしく事実真実実際真にとても非常本当全くげにひとえにせつげんほとほとすっかりつくづくうんざり全く以てなんとも実以てげんなりこりごり食傷へきえき閉口まっぴらい加減果てしない限りない本に真個真正正真しょうしん紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android