実に(読み)げに

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐に【実に】

〘副〙 (「現に」の変化した語かという)
① 予告や評判どおりの事態に接したときの、思いあたった気持を表わす。なるほど。聞いていた通り。
※竹取(9C末‐10C初)「げにただ人にはあらざりけり」
② 他人の意見・態度を肯定するときの、納得した気持を表わす。いかにも。おっしゃる通り。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「げに、さもいはれたる事なれど、なでふ人か、かかる住ひにて世には経ん」
③ 自分の感情・判断が誇張や嘘のものでないことを示すときの、いつわらない気持を表わす。本当に。言葉通り。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「物おもふたまへしらぬ心地にも、げにこそ、いとしのびがたう侍けれとて」

じつ‐に【実に】

〘副〙
① 仮定や想像でなく、確実である、また、事実であるさまを表わす語。実際に。
※正法眼蔵(1231‐53)心不可得「婆子そのとき徳山を杜口せしむとも、実にその人なること、いまださだめがたし」
② 感嘆の気持をこめて程度のはなはだしさを表わす語。まことに。非常に。
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「半残は実に手だれ也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「どうも咽(む)せぽくて実に弱った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じつ‐に【実に】

[副]
感嘆の意をこめて、ある状態の程度のはなはだしいさまを表す。全く。本当に。まことに。「この料理は実にうまい」
強調、または驚嘆すべきことを述べるときに用いる。なんと。「この工事は実に一〇年の歳月を費やした」

げ‐に【実に】

[副]《「げん(現)に」の音変化という》
ある事柄に対する自分の評価・判断を肯定して、さらに強調する気持ちを表す。本当に。実に。全く。
「―恋こそはまことのいのちである」〈倉田愛と認識との出発
他人の評価・判断に接して、納得し、賛同する気持ちを表す。なるほど。いかにも。
「ひまなき御前渡りに、人の御心をつくし給ふも―ことわりと見えたり」〈・桐壺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android