他ならない(読み)ホカナラナイ

デジタル大辞泉「他ならない」の解説

ほか‐なら◦ない【他ならない】

[連語]
(多く「…にほかならない」の形で)それ以外のものでは決してない。まさしくそうである。ほかならぬ。「彼の成功は努力の結果に―◦ない」
他の人とは違っていて、特別な間柄にある。ほかならぬ。「―◦ないの頼みでは断れない」
[類語]真実真理うつつ事実本当真相現実実情実態実際史実真正実の正真正銘紛れもない有りのまま有りよう事情実況実相得体現実現実的実際的実地現に臨場感リアルまこと本にまことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげにほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真個正真しょうしんそのものしん以てかみ掛けてほんまいかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android