本真(読み)ほんま

精選版 日本国語大辞典「本真」の解説

ほん‐ま【本真】

〘名〙 (形動) 本当であること。また、そのさま。真実。
※浮世草子・元祿大平記(1702)五「なじみをかさぬるにつけては、本間(ホンマ)の心中をたて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本真」の解説

ほん‐ま【本真】

[名・形動](多く、西日本で)本当であること。また、そのさま。「本真にがめつい」
[類語]本に本当まことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けて正真正銘いかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本真」の解説

【本真】ほんしん

本来の物。・趙岐〔孟子題辞〕外書四り。~其の宏深なる能はず。ひ似ず、孟子の本眞に非ず。後世依放して、之れに託するに似たり。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android