神掛けて(読み)かみかけて

精選版 日本国語大辞典「神掛けて」の解説

かみ【神】 掛(か)けて

(に誓っての) 自分の行動言語、考え、判断などが確かであることを強調する時に用いる。ちかって。かならず。きっと。神(しん)もって。→神を掛ける
源氏(1001‐14頃)玉鬘「猶、ほけほけしき人の、かみかけて、聞えひがめ給ふなめりや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神掛けて」の解説

かみ‐かけて【神掛けて】

[連語]神に誓って。絶対に。決して。神以しんもって。「神掛けてうそは申しません」
[類語]本に本当まことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てほんま正真正銘いかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android